不調だった胃腸の調子がよくなったよ、朝は梅しょう番茶。

元々、胃腸はそれほど強くありません。

が、この秋の季節の変わり目いつになく胃腸が荒れて荒れて・・・ついには病院まで行ったものの薬を処方されて終わり。その薬も服用している間はいいものの、服用を終えるとまた胃腸に不快感が。

なので、思い出したように梅醤番茶を飲み始めました。

スポンサーリンク

懐かしい、子供の頃の味。

イメージ画像 梅干し

実家にいた頃、よく番茶にぐちゃぐちゃにした梅干しを放り込んで飲んでいました。梅干しの酸味が夏の疲れとりにいいようで、当たり前のように飲んでいました。

また、奈良生まれのわたしは番茶を使った茶粥にも親しんでおり、番茶+梅干しは懐かしい味なんですねー

でも、結婚をしてから番茶を飲まなくなり・・・主人が茶粥嫌いで作らなくなり・・・で番茶と梅干というこの最強の組み合わせを忘れておりました。

そうだ、茶粥もまた作ろうー

主人が嫌いだからなんだっていうんだ!また晩御飯に食べるぞ!!!

で、先日、Amazonをチェックしていると。

こんなものを発見しました。

濃縮番茶入梅醤エキス  280g
いんやん倶楽部
売り上げランキング: 7,713

え、これが梅しょう番茶!?と驚きました。商品説明には・・・

国産梅干しと、本醸造醤油で作った梅醤エキスに、国産番茶を煮出して濃縮したものを混ぜ合わせたヘルシー飲料です。
原料は国産梅干と本醸造醤油で作った梅醤エキスです。梅醤エキスに島根県産の濃縮番茶を加えました。お湯を注ぎ、溶いてご利用いただけます。お腹の調子がよくない時や疲れた時に、また、毎朝一杯飲むことで体質改善にもつながります。体を芯から温めてくれます。

こんな瓶入りが販売されていることを知りませんでした。梅干しと番茶、醤油を合わせて作るものが梅しょう番茶だと思い込んでいました。

現在、梅干しを切らしている我が家。早速、注文を。

感動する味。

梅しょう番茶

さっそく届いた商品。

ティースプーン1杯の梅しょう番茶をコップに入れ、その上から湯を注ぎます。梅干しがふわふわ~と漂ってくれますよ。

飲んでみると・・・

個人的には非常に懐かしい味でした。一気に子供の頃にタイムスリップしたような。

風邪をひいて寝込んでいるときに、茶粥と梅干、醤油のかかった漬け物がでてきたときのことを思い出しました。ああ、おばあちゃん!みたいな。笑。

番茶の苦みと梅干の酸味と甘みが絶妙のマッチング。

美味しいーと狂喜乱舞。

が、茶粥嫌いの主人にすすめたら、「塩辛いだけ。美味しくない」と一刀両断されました涙。

梅しょう番茶の効能。

梅しょう番茶とは昔から飲まれている健康茶のひとつで、虚弱体質の改善、疲労回復、冷え取り、消化促進など様々な効果があります。特に女性には、美肌効果が高い飲み物として知られています。

梅干しのクエン酸が血液を浄化し、シミやそばかすなどができにくい健康的な肌をつくります。なかなか消えない目の下のクマ防止にも役立ったりします。

また、醤油の香りがリラックス効果を生み、ホルモンの分泌や免疫効果を高めてくれます。さらに醤油の香りが過食防止につながるという研究結果もありますので、ダイエットにも一役買ってくれそうです。

番茶と生姜は体内を殺菌しながら身体を温め、新陳代謝を高めてくれますので、美肌効果が期待できる梅しょう番茶をぜひ作ってみましょう!

美肌効果の高い梅しょう番茶

美肌効果があるとは知らなかった!

現在は。

梅しょう番茶

1日1杯。

朝、リンゴ半分と一緒に摂取をしています。加えて、購入した梅しょう番茶にはしょうがが入っていないので、 しょうがパウダーをほんの少しだけ足して飲んでいます。

→ 石川ファーム しょうがパウダー

とりあえず冷えに対する即効性は感じられませんが、胃腸の不快感には覿面に効きました!マジで一気に快適になりましたよーまた、体が少し軽くなったような気がします。

個人的にはとっても美味しいし、苦にならないので梅しょう番茶ライフを粛々と実践していきます!

Amazon → 梅しょう番茶をみる。
楽天市場 → 梅しょう番茶を見る。

※追記

美容ブログわたしらしく年齢を重ねるにて梅しょう番茶についてもう少し詳しく記載をしています。

わたしらしく年齢を重ねるで梅しょう番茶の記事を見る。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA