スポンサーリンク

9カ月は買う人、3カ月は捨てる人、10月から毎日1個のモノと「さようなら」する。

モノとさようならする

10月になると我が家にあるモノと「さようなら」しはじめます。

12月まで毎日、コツコツと捨て、最低でも100個以上のモノと「さようなら」を目標に。

わたしの中で感覚として・・・

1月~9月:買う人

10月~12月:捨てる人

というスケジュールが1年の中にあります。

以前は1年中買わない人を目標にしていましたが、反動がくるだけでした(^^; そこで1年のうち、9カ月は買う人、3カ月は捨てる人になっていきました。

というわけで、明日の10月からは年末年始の出費に備えて買わない人&来年度の出費を計算していきたいと思っています。

そうそう、余談と申しますか、愚痴と申しますか・・・来年は3人の甥の中学入学祝が待ち受けております。わたしの中ではかなり負担に感じていたりするのです・・・トホホ、何故、3人一気に。御祝儀の額はもう決まっております。それ以上はびた一文出しませんw

10月~12月は捨てる & 整理 & 予算編成。

一般企業でいうと「棚卸」と「決算」、次年度の「予算編成」をこの時期に一気に片づけてしまう感じでしょうか。

【棚卸】決算や毎月の損益計算などのため,手持ちの商品・原材料・製品などの種類・数量などを調査し,価格を評価すること。

【決算】企業などで,一定の時期を画して収益と費用を算定し,その財産状況を明らかにすること。

【予算編成】予算を編成すること、複数の予算案をまとめて一つの総体的な予算案にまとめ上げることなどを意味する表現。行政予算の計画などについて言うことが多い。

いずれも weblio辞書 より引用。

簿記の資格を持っているわたしにはこういう考え方が非常にしっくりと来ますw

捨てる & 整理。

まずは粛々と家の中から「モノ」を捨てていきます。

この1年間に買ったモノもありますが、同時に買い替えが必要なモノ、何年も使い続けて処分が必要なモノ、今はもう必要としないモノ、もう飽きたモノ・・・

基準はわたしの中で「あ、捨てよう」と思ったりするものだったりします。

例えば・・・

洋服、書籍、食器、調理器具、コスメ、サプリメント、家電、文房具、靴、プランター、メールマガジン、PC内の画像データ、アドレス帳、やめたい生活習慣

このあたりの「捨てる」に関しては数多の書籍があろうか、と思いますのでそちらを参考にされるのが一番いいかもしれませんね。

わたしはオーソドックスに「断捨離」の本を参考にすることが多いですね。尚、理屈から入るわたしにトキメキは性にあいませんでした(^^;

あ、今、この本が気になってしまいました。

「とりあえずボックス」を活用する。

モノを手にして「うーん、どうしようかな~」と迷ったものはこの時期だけ登場する「とりあえずボックス」にポイポイと放り込んでいきます。

【とりあえずボックス】捨てようかな~いや、まだまだ使えるかな~と判断に迷ったものを放り込んでおくボックス。大概はAmazonの段ボール箱(汗)

この「とりあえずボックス」に放り込んだものは年末までに判断をするようにしていますが、年をまたぐことも。ま、大概は全部、捨てている感じですね。箱に入れて見なくなるとその存在を忘れてしまいます。その一方で箱に入れても気になって気になって仕方がないものはまた戻っちゃいますが。

目標は100個以上のモノと「さようなら」する。

わたしは「1日に同ジャンルのモノをまとめて捨てる」時は全て「1個」と集計しています。

  • メールマガジン10個 → 1個
  • 本10冊 → 1個
  • 洋服3着 → 1個
  • 食器3膳 → 1個

みたいな形で。

なので実質捨てているものは100個以上は確実にあります。でも、このあたりはお好みかもしれませんね。「本10冊捨てた → 10個捨てた」もアリだと思います。

捨てたものは「手帳」にメモをしていく。

そして、捨てたものは何らかの形でメモをしていきます。

今年は「ジブン手帳」のマンスリーに記録をしていく予定。わたしは常に「何を捨てたか?」「次は何を捨てるのか?」と確認をしたいので手帳を活用しています。が、他のやり方としてA4の紙1枚にまとめて書いても壮観ですよ。笑

これらの捨てたメモをしても振り返ることはほとんどないのですが、自分の中で積み上げた自己満足が残ります。そして、気が向くと「何故捨てたのか」を書いていることも。

年末に振り返ると「あ、今年もこんなに捨てたのかー」と妙な達成感(?)が沸き起こること。同時に大いなる反省と大いなる懺悔の時でもあったりしますが・・・(^^;

これらの作業をすることにより、次の「決算 & 予算編成」に繋がっていく感じですね。まず、身体を動かして、家を見渡して、そして、「今必要なものは何か?次年度は何を買う必要があるのか?何に出費があるのか?」などと。

決算 & 予算編成。

家計簿_イメージ

1年の決算を。

家計簿は紙派なので(これも不思議、仕事用はオンライン経理なのに・・・)それらを全て集計。割と大雑把な集計です。

尚、わたしは 手帳を11月~次年度の10月を1年間として使う人 なのですが、決算 & 予算編成も11月~次年度の10月で組む人ですw その方がスタートダッシュした安心感もあり、何より頭がスッキリするんですよね~「あ、来年度はこんな感じで出費があるのかー」と年内に把握している、していないで新年度のスッキリ感は大きく異なってきますね。

さて、年末の決算。

去年より大きくはみ出していなければOK。はみ出していれば「何故、この金額ははみ出したのか?」で、反省したり、ウジウジしたり、落ち込んだり、迷走したり・・・という実に非生産的な思考に走ってしまいます。ま、とりあえず、これだけ使ったのね、と把握できたらOK、というゆるゆる会計。もう使ったものは使ったものだしね。

それを元に次年度の予算編成に取り組みます。きわめて大雑把に。

月々の固定費などは大よそ決まっており、それはもういいのですが、イベント時の出費、大物を購入する時の出費などを予測して計上します。特に付き合い関係の出費は割とマメに計算する女です(^^; ケチなんでしょうね~「お祝いだ!」とはずめないのです・・・(^^;

今年は「喜寿」のお祝いに出費が飛んでいき、次年度は甥の入学祝・・・などなど。また、お年玉の金額、お歳暮・お中元関係、複数の友人と誕生日プレゼント、バレンタインデー・ホワイトデーの出費なども。つくづく、人間関係を維持するのってお金が掛かりますね。。。

また、年末の捨てる&整理により次年度に買い足すモノ、買い替えるモノを大きく考えます。家電の買い替えなどもこの時に大雑把に。今脅えているのはオーブンとクーラー・・・後、冷蔵庫?故障しそうな雰囲気を漂わせておりますw

これらの予算あまりあてになりませんが、やっておくと一応、心の準備に繋がります。これをしておくと、一応、地図ができたような感じに。

「あ、来年はこういう風になるんだな」

と。

「モノ」との付き合い方を模索した結果。

ここ数年、「断捨離」や「トキメキ掃除」、「シンプルライフ」、「ミニマリスト」という言葉に踊らされ、なんだかモノを買わないこと、所有しないことが素晴らしいことだと思いこんでいました。

自分の心の声を無視して、「モノ」を排除することに必死になっていたような。でも、それらを一切放棄し、適度に「買う」、そして時折「買わない」習慣を取り入れることで心がスッキリと。

多いことが「悪」、少ないことが「善」ではなく、自分が所有する「モノ」、そして「モノ」の量はわたしが決めるのだ、と。

そして、極限までのシンプルライフはわたしに無理だという現実に気付きました。

今の生活、すべてが必要なモノなのか、というとちょっと怪しいです。必要なモノが6割、不必要なモノが4割・・・?

でも、その中途半端さがわたしらしいのかなーと最近は開き直り中。

その中で自分らしい「モノ」と「お金」の付き合い方を構築すればいいんだわ、と。

去年の様子 今年も残り3ヶ月。そうだ、毎日1個ずつ、モノと「さようなら」する。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク