スポンサーリンク

クローズアップ現代『急増中!「ネットワーカー」の実態に迫る!』が怖かった・・・

クローズアップ現代『急増中!「ネットワーカー」の実態に迫る!』

出典:http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3927/index.html?1485775147

NHKを見ていたら、クローズアップ現代に面白いテーマがとりあげられていました。

『急増中!「ネットワーカー」の実態に迫る!』

一応、青色吐息のへっぽこ「アフィリエイター」というネットワーカーの一人として興味深く眺めました。

参考 在宅で主婦が複数の仕事をするということ、マルチインカムのすすめ。 アフィリエイト収入のありがたさ、つくづくブログは資産なのだ。

これを見て思ったことは「下請け」は辛いなーということですね(^^;

わたしも一応、下請け的な仕事をする時もあります。が、それはネットを通じて得た仕事ではなく、昔のコネから引っ張ってきた仕事。かって、わたしも発注側だったために業界の相場も知っており、絶対に足元を見られた「安い単価」では引き受けないことにしています。

そんな価格ではやりたくない、と拒否を。

だから請け負う仕事は少ないですが、このペースでいいかな、と今は悟りを開いております。

低い単価×大量の仕事よりもそこそこの単価×そこそこの仕事でいいかな、と。

主婦でもあるわたしの場合、仕事に生活をあわせるのではなく、生活にあわせる感じで仕事をチョイスしている感じですね。

そこまで強気で出られるのは一応、アフィリエイト収入がある程度見込めているからなんですよね。。。先日も書いたけれど、アフィリエイト収入って本当にありがたいわ。

話を戻しまして・・・

下請けってやっぱり辛いよね・・・。特に相場があってないようなインターネット上の仕事における下請けは特にそうなのかな、と。そもそもこのジャンルの仕事は近年、登場したばかりですしねー

そう、強気に出ているつもりのわたしでも辛いことがありますっす( ;∀;)人間関係が絡むとやっぱりねー「おほほ」と笑いながら、右手に何かを握りしめていますw

でも、そういう「辛さ」が「なにくそ、アフィリエイトもっと頑張ろうー」というモチベーションに繋がったりします。モチベーションを与えてくれるって本当にありがたいのだ。基本的に孤独にウジウジと一人作業をしているアフィリエイトの世界ではそういう「辛さ」が少ないからね。

だからこそ、下請け仕事への怒りやイライラはアフィリエイトへの意欲に繋がります(笑)。完全に一人で仕事できるようにしてやるぞーと。そういう意味では下請けにも感謝感謝(と考えることにする・・・遠い目)。

それにしてもネットワーカーの月収の相場に愕然としました。

  • 専業 約7万円
  • 副業 約3万円

とな!?

わたし、7万円で専業でやっていけるのかなーと考えてしまいました・・・あ、でも、数年前までは主婦という立場でやっていたな。

20万円を超えるのは8千人に1人!?うーん、そこまで酷いとは思っていなかった・・・アフィリエイターって基本的に一人で黙々と作業をしているし、他人の収入なんてよく分からないですよね。目に入るのはトップアフィリエイターの華やかなりし月収ばかり。それに比べたらわたしなんて・・・とウジウジしていましたが、もう少し前向きに考えることにしようと思いましたw

あとですねーわたしはクラウドソーシングでライター案件の仕事をしたことがないのですが、一時期手を出そうと考えたことがあります。文章力を身につけられるかな、と。

が、クラウドソーシングに登録後、「仕事の単価」を見てあっさりと撤退しました。わたしはこの単価でクライアントが望む仕事ができない、と。逆の言い方をすれば、その単価ではわたしの仕事内容に保証はできない、と。

そして、昨年末からのDeNAのWELQ問題から端を発した一連の流れを見ていると手を出さなくて良かった、と思います。本当に思っています。

参考 「WELQ難民」仕事求めてクラウド漂流 個人では無理、集団で「営業」

フリーランスならなおさら、自分の「仕事」をいくらで売るかということに敏感になる必要があることをひしひしと実感。

自分の仕事を安売りすると結局、苦しむのは自分なんだ、と。

とにもかくもわたしは今のレベルの収入を維持し、願わくば今以上の収入を得られるように頑張ろう、と思った夜だったりする。まる。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク