スポンサーリンク

『銀の海 金の大地』(氷室冴子)ああ、この続きはどうなっていくんだろう。

鹿

先日まで、女の子の日ということで、やたらと寝込んでいました。詳細は別ブログである わたしらしく年齢を重ねる を見てくださいませ。

で、そうなると布団の中にやたらと本を持ち込みます。

久しぶりに氷室冴子さんの『銀の海 金の大地』を布団の中で読みふけりました。で、こっちもお腹が痛いし、意識モーロ―だし、吐き気半端ないし・・・という状況の中、滂沱の涙。文字通り滂沱の涙。

ああ、真秀!

※注意。今日の内容は理解できない人にはまったく理解できない内容です。

氷室冴子著『銀の海 金の大地』。

銀の海金の大地

『銀の海 金の大地』

1992年~1996年に刊行されたコバルト文庫。イエス、少女小説。わたしが最後まで買いあさった少女小説。これを最後に卒業をしましたが、氷室先生の本なら永遠に追いかける気満々でしたわ。

古事記にある「狭穂毘古(さほひこ)の叛乱」の物語に前後を付け加え、脚色したストーリーとなっている。 キャッチコピーは「古代転生ファンタジー」。このコピーはすべての単行本の表紙にも印刷されている。

雑誌「Cobalt」上で1991年10月号から1995年4月号にかけて連載され、序章にあたる「真秀の章」が完結した(単行本で全11巻)。作者のあとがきによると、少なくとも全20冊に及ぶ予定の長編で、次は佐保彦を主人公とした「佐保彦の章」が執筆されるはずだった。しかし、その後13年ものあいだ、このシリーズが再開されることはなかった。やがて2008年6月6日に作者が死去。未完の作品となった。

そう、なかなか続きが発行されないイライラを抱えたままいましたが、氷室先生にはよくある話でして・・・シリーズが続けられない、ということが。でも、先生が生きている限りはいつか読めるかも・・・と淡い期待を抱いておりまして、それも叶わず。

『銀の海 金の大地』壮大なファンタジー古代史。

実はわたし、あんまりファンタジー小説は好きじゃないんですね。

オタクなのに。

オタクにも趣味があるんだよーということでファンタジー小説はさほど萌えません。『ハリー・ポッター』『ロードオブザリング』シリーズなんかもさっぱりと理解をしない人です。『銀河英雄伝説』とかは好きなんだけれどー。ああ、読みたくなった、ちくしょー・・・

ともあれ、ファンタジーが苦手なわたしが『銀の海 金の大地』にはまった要因は以下に集約されます。

  • 氷室冴子が著者。
  • 舞台が古代の奈良。
  • わたしは歴女。

以上。

当時は氷室先生の本を無条件に購入していましたし、それほど氷室冴子のファンでした。その先生の本ともなればいつまでも追いかけます!

そして、古代史をモチーフにしているだけあり、奈良生まれの奈良育ちのわたしには馴染みのある地名がバンバンと出てきます。それを眺めながら、ああ、あの場所で真秀が!佐保彦が!日子坐と御影が!なんて妄想をするのがたまらんのですよー

しかもわたしは歴女ですから、中途半端に古事記の知識とかありましたしねー奈良の学校では割と古事記を勉強することが当時はあったんですよー笑

『銀の海 金の大地』の物語は途中まで。

そう、 真秀の章で終わっています。

一族を滅ぼす存在である御影と真澄、真秀が実は佐保の一族を永遠に生かす存在であり、大闇見戸売と佐保彦の王子、佐保姫が佐保を滅ぼす存在であった、というところで。

そして、佐保姫は三輪の大王に見初められ、嫁ぐ・・・というくだりから「あ、佐保はやはり滅びるのだ」と実感をしました。で、どうやって滅びるの~!!で、誰が転生するのー!!やっぱり真澄なのかい!?と続きを待ち続けましたが、結局は誰も転生をすることなく・・・

つくづく氷室先生の逝去があまりにも早すぎたこと、残念でなりません。

さて、この佐保の一族がいた場所が現在の奈良市のあのあたりなんだよなーとなんだかシミジミするのですよ。あの佐保川で・・・!とか。

葛城の王子とかもなんだか親しみを感じるよー笑

でね、よく妄想するんです、氷室先生の頭の中の構想ではこの後、どうなっていったんだろう、と。

わたしの中の妄想。

佐保は滅びるのか?

滅びるのでしょう。歴史的(?)にも滅びます。

 サホの王、サホビコの妹のサホヒメは、大和のイクメ大王(垂仁天皇)の后であったが、謀反の心を持つ兄から、大王を殺すようにと小刀を渡される。昼寝中の夫を刺すことができなかった后は、問われていきさつを打ち明け、大王の軍はサホビコ討伐に向かう。身ごもっていた后は、兄と夫が戦うことに耐えられず、 実家へと逃げ帰ってしまう。サホビコは稲で砦を築き、大王の軍と戦った。
やがて稲城の中で王子が生まれ、それを知った大王は、后と子の両方を取り戻そうと図る。サホヒメは王子だけを差出すと、自分は砦に戻り、兄と命運をともにする。城は焼かれ、兄妹は焼け死んだ……。

http://www013.upp.so-net.ne.jp/mayalibrary/essay/kodaisi5.htm

ただ、どうやってこのように持っていくのかがわたしの頭の中では想像できないんすよね・・・

佐保姫は間違いなく、三輪の大王に嫁いだけれど・・・佐保彦はそこまで三輪の大王を恨んでいたようには見えない。むしろ、彼の憎しみは全て和邇一族に向けられていたと思うのですが・・・というか、父親である日子坐か、美知主に向けられているような気がしてなりません。

うーん、どうやって佐保を滅ぼすつもりだったのだろうか?

それを考え出すと本当に悩むわー

  • 佐保vs三輪の大王連合
  • 佐保vs日子坐&美知主

しかし、日子坐&美知主親子がそんな愚かなことをするとは思えんしなー・・・あ、こっちか。

  • 佐保vs真若王

のほうがありえるな・・・ 日子坐が死に、美知主に制御ができなくなったときに、真若王が暴走する・・・でも、これって『古事記』とは全く重ならないよねー(・・;)

そこで登場するのが真秀。佐保を永遠に生かす子。

真秀はどのように佐保に関わるのか。

うーん、うーん、そもそも関わるのだろうか?

波美王の元でのほほ~ん(?)と生きるのでしょうかねー?真秀×波美王もありだと思うんですがー何気に波美王ラブなわたし♡

真澄という超能力の増幅器官というか依代を失い、真秀の能力はどれだけ残っているのか・・・あ、だから真澄が転生するはずなのか!今度は同母の兄妹という関係ではなく、他人として生まれ変わり、真秀×真澄もありなのか!?今度こそ佐保と関係なく二人でラブラブのハッピーライフを!と長らく思っていました。

でも、やっぱり少女小説である以上、そして、真秀が戦うヒロインである以上は正統派は真秀×佐保彦なんだよねーそう考えると佐保を捨てきれない佐保彦を真秀はどのようにサポートをするんだろうなーと考えちゃうんですよね・・・

「佐保彦、あんた・・・」

と真秀が登場するシーンばかり頭に浮かびます。佐保を永遠に生かす真秀と佐保を滅ぼす佐保彦。いずれの力が上回るだろうか・・・。

この当たりのくだりをツラツラと小説仕立で書いてみようかしら笑

いずれにしてもこの二人には普通の幸せは訪れない気がします。わたしの中で、この二人は強く惹かれあいながらも、決して強く結ばれない二人だという思いがあります。

日触は物語に関わってくるのか?

日触って誰?という方。

美知主が通っていた女に生ませた子どもです・・・本当にもう何人も何人も(・・;)

で、何気に彼が真澄の生まれ変わりだと思うのですがーあら、そうすると今度は同じ父の元で真秀と姉弟関係になるのか!?

ま、でも、母が異なれば夫婦になるのはOKの時代だからねーでも、真秀vs日触はなかなか想像できない。そうさせるためには最低でも13~14年ぐらいの年月が必要よね・・・

13~14年・・・その間、真秀はどうしているのか・・・うーん、うーん。 考えるだけ知恵熱がでてきそう。

歌凝姫は幸せになれるのか。

本当、コレ。

色々な恋人や夫婦が登場してくるけれど、わたしの中で一番強く残ったのはココ!歌凝姫×須久泥王よ!!!

清らかで一途な初恋がいつの間にか不倫の関係になり、最終的には愛憎半ばする関係に。

須久泥王には須久泥王の言い分があり、彼なりの処世術があるんだろうと思うけれど、歌凝姫にはまったく、まーったく通じていないわねwww

美しく高慢な娘、歌凝姫。

その花のような顔にいつか再び微笑みが訪れることがあるのだろうか・・・と本当に気になって仕方がありませんわ。。。

でも、何気に須久泥王も好きなわたしwww

わたしの「佐保彦の章」を書いてみたい。

あくまでもわたしの中での佐保彦の章ね。

まずは『古事記』を読んで、当時の豪族の動きを一通り理解しないといかんなぁ~できるかなぁー?やや不安・・・

何よりもわたし、オリジナルはあるとしても、二次小説を書いたことないのよねー`s(・’・;) エートォ…

果てしなく遠い道のり。

でも、自分の中で妄想を膨らませるのはアリだと思うのよね~ああ、『銀の海 金の大地』ファンの方と語り合いたい~やっぱり、なんかサイトを立ち上げようかな~で、時代考証とかするの!

Amazon:『銀の海 金の大地

〔こちらもどうぞ!〕歌凝姫×須久泥王、こんな結末になろうとは、『銀の海 金の大地イラスト集』。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ユラク より:

    ワタノユキ様
    はじめまして。いきなりのコメントで申し訳ございません。
    銀金の続きを読めないのがこんなに辛いのは私だけと思っていましたが、同志がいた喜びからコメントしてしまいました。
    私もアラフォーの史学科卒の歴女。ちなみに専攻は日本古代史でした(雄略天皇あたり)。
    佐保彦の章、ぜひ書いて頂きたいです(涙)。

    ワタノ様は氷室さんと飯田さん共著のイラスト集を持っていらっしゃいますか?
    氷室さんが書いた「羽衣の姫」という短い特別編が載ってます。歌凝姫と須久泥と高額姫(と、二人の子供の赤ん坊・・・後の神功皇后?)が主な登場人物です。大王と佐保姫の婚礼からさらに時間が経った話で、歌凝姫と須久泥の決着?のようなものが読み取れます。(イラスト集をすでに持っていたらすみません)

    ワタノ様が銀金のサイト立ち上げてくださったら通いつめます!
    それでは、本当にいきなり失礼致しました。ユラク

  2. ワタノユキ より:

    ユクラ様

    コメントを頂けて大変嬉しいです。わたしと同じ気持ちの方がいるんだなぁ、とテンションがあがりましたことよ。アラフォー世代にとって氷室冴子さんは懐かしいですよねー
    史学科卒かつ古代史専攻とは!本格的ですね。羨ましいです。ステキ☆

    イラスト集、実は持っていないんですね。
    そんな話が書かれているとは知りませんでした。Amazonで確認をしたら、中古本がありましたので購入をします。そんな決着があったとは・・・盲点だったわ。読後、また感想をアップします。
    そんな話が掲載されているということは、やっぱり歌凝姫と須久泥王のその後が気になる人が多かったのでしょうか。

    あの激しい運命の流転には胸を動かされました。
    それだけに続きが書かれなかったのが本当に残念で仕方ありません。今なお読んでも面白い、と思うのですが、もう古本しかないこともなんだか悔しいわ。
    氷室先生の本はあらかた読みましたが、この『銀の海 金の大地』ほど気になるものは他にないですね・・・

    続きを書きたいのはやまやまなんですが、わたしの筆力が及ばない、という。。。つくづく『銀の海 金の大地』での氷室先生の言葉遣いは魅了してやまないものでした。
    ああ、美しい大和言葉・・・!

    失礼あそばせ。つい、興奮をしてしまいました。
    コメントありがとうございました。本当に嬉しかったです。

  3. ユラク より:

    ワタノ様
    イラスト集アマゾンにあったんですね、良かった(涙)。
    無かったら私のやつをコピーして差し上げようと思ってましたw

    歌凝姫も須久泥はもちろんですが、私は氷葉洲姫も好きです。銀金には嫌いなキャラがいなくて・・・強いていえば日子坐と御影のペアについて「う~ん、あんたたちのせいでいろいろと・・・」と思うぐらいです。
    イラスト集の「羽衣の姫」の感想、ぜひアップしてください!

  4. ワタノユキ より:

    ユラク様
    到着は来週になりそうですが、読後、また感想を掲載させていただきます。
    その前にまた『銀の海 金の大地』を読み返してみます。
    『銀の海 金の大地』で嫌いな人ですかー皆、なんだか哀しい宿命を背負っていて、わたしも特に思いつかないかなぁ・・・強いて言うならば真若王でしょうかwww
    言われてみれば、日子坐と御影が全ての原因・・・いやいや、佐保の巫女の神託がいかんかったのかなぁー・・・動き出した歴史は止められなかったのでしょうね。
    ともあれ、到着を楽しみにしています♡
    久しぶりに氷室先生の文章を読めるのが愉しみ~という。

  5. 桂華 より:

    ワタノユキさま
    ユラクさま

    同じことを思うのは私だけではなかった!!に尽きます。

    私の妄想は、韓国歴史ドラマのような、銀の海金の大地で和製歴史ファンタジードラマです。
    大王四神記とかみたいな。神通力使ってますし、衣装も自由に創作したらね。
    でも大河ドラマは、江戸・明治ばっかり・・。
    奈良市とか滋賀県の職員はこれを読んでPRすべきだと思ってます。
    (まぁ、天皇の系譜につながるので実際には無理なんでしょうね)

    ちなみに奈良が好きすぎて、一時期佐保の近く(一条高校の辺り)に住んでました。
    佐保寺とか、銀金ファンなので垂涎ものでした。

    私も佐保彦の章、誰か書いてほしいです!!

    • ワタノユキ より:

      桂華様
      訪問&コメントありがとうございます。
      「大王四神記」って何だろうと思ってググってみました。ヨン様のドラマなんですね。
      大河ドラマに「銀の海 金の大地」は厳しいかも・・・(;´・ω・)
      また、奈良はなー宣伝能力がからっきしなので仕方ないかもしれません・・・もう少し時代が後ならば、聖地巡礼みたいな形にもっていけたかもしれないですがね。

      一条高校の近くに住んでおられたんですね。では、佐保川も近くて古の思いにどっぷりとひたれましたでしょうか?あのあたりはまだ鄙びた風情がわずかなりともありますしね。

      佐保彦の章、気になりますねー
      日本全国の金銀のファンそれぞれの佐保彦の章があるのでしょうね。わたしも読みたい。。。

  6. 桂華 より:

    前のコメントの中で間違えてたので訂正します。

    誤 佐保寺
    正 狭岡神社(さおかじんじゃ)

    あまりに昔の事で名前間違えてました。
    私の中では佐保寺で通じるんですが^^;

    • ワタノユキ より:

      桂華様
      2度目のコメント嬉しいです♡

      正直に書きますと、ちょっと「?」に思っておりました^^;
      佐保川のことかな、と解釈をしておりましたが、 狭岡神社なんですね。
      確かに言われてみると「さほ」と「さおか」、通じるものがありますね。

      訂正のお知らせ、ありがとうございました。

  7. ばにこ より:

    ワタノユキ様

    久しぶりに再読し、ふと検索してたどり着いたのですが
    もしかして「氷室冴子読本」はお読みになられていないのかな?

    ちょろっと「銀の海金の大地」の構想が語られています。

    その内容だけならたぶん少し検索すれば出てくるかと。
    真秀の章のぶつ切り状態から、少しでもこの後の予定(展開?)を
    知りたいという方におすすめ。

    • ワタノユキ より:

      ばにこ様

      訪問&コメントありがとうございます。
      「氷室冴子読本」の存在も今回、初めて知りました。
      機会がありましたら入手をしてみたいと思います。
      教えてくださり、本当にありがとうございました!
      これからもどうぞよろしくお願いします。

  8. より:

    私も金の大地銀の海大好きです

    • ワタノユキ より:

      茜様

      訪問&コメント、ありがとうございます。
      銀の海金の大地は根強いファンがいますね。
      わたしも大好きです!

  9. haru より:

    銀の海金の大地は私にとっても10年以上経っても手放せないすごく大好きな作品です。ずっと続きを待っていたのに、先生が逝去され、泣きました。先生ご自身も残念だったでしょうね。何か情報が出ないか、未だに時折ネットで検索してしまいます。佐保彦の章を書かれたら是非拝読させていただきたいです。

    • ワタノユキ より:

      haru様
      訪問&コメント、ありがとうございます。
      わたしも大好きな作品でして、今のところ手放す予定は皆無です。先生が逝去されたとき、泣きましたよね・・・
      わたしもたまにネット検索をかけてしまいますが、なかなかね。
      佐保彦の章、書けたらいいのですが、いかんせん筆力が今一つ追いついておらず。
      奇跡的に書くことがあったらいいのですが・・・涙。
      ファンひとりひとりの佐保彦の章を語り合えたらいいですね。

  10. あい より:

    はじめまして。
    私も、氷室作品の中でも、特に銀金が一番大好きな30代です。
    最近まで、私の周りには氷室作品を読んだことある人が全然いなかったのですが、会社の後輩に銀金を貸して読んでもらい、新たな銀金ファンを一人誕生させることに成功しました!

    私の妄想では、美知主の策略により、佐保彦は反乱を起こさざるを得ない状況に追い込まれ、佐保というクニは滅亡。しかし、真秀本人あるいは、真秀の血を引く女の子と、日触が結ばれ、佐保の血(佐保スピリット)が受け継がれ、予言が成就する、というものです。

    私も、色々なところから、少しでも氷室先生の持っていた構想を窺い知ることはできないかと、思い出しては検索を続けています。

    飯田晴子先生のホームページに、銀金についての氷室先生の発言とか、構想について記述がありますよ。既にご覧になってますか?

    • ワタノユキ より:

      あい様
      訪問&コメント、ありがとうございます。
      おおー新たなファン獲得ですか!おめでとうございます。
      わたしも現在はそこまでのファンが身近にいないので寂しいかもしれません涙

      皆さま、いろいろと妄想がおありですね。
      美知主の策略かぁ~その可能性は高いかもしれませんね。一人一人のよみがえりと物語がありますね。日触の存在の扱いはちょっとわたしには難しいですが、そうか、真秀の血を引く女の子かぁとシミジミしました、

      飯田晴子先生のホームページ情報、ありがとうございます。機会があれば拝見したいと思います!
      またよろしくお願いします。

  11. まる より:

    ワタノユキ様

    初めまして。銀金の情報を検索していて流れ着きました。私は関東住まいのため、奈良や滋賀の地名をネット地図で眺めては、この地名は真秀がと妄想してながら続編を心待ちにしていましたが、とうとう再開されることなく未完のまま終わってしまいました(涙)待っていた1数年・・・切ないですが、同志がいることで少しまぎれました。私も佐保彦の章、心待ちにしています♪氷室先生の「ヤマトタケル」という小説はご存じでしょうか?「狭穂毘古(さほひこ)の叛乱」の内容が出てきます。もう一つ初期の作品にも出てきたような・・・

    • ワタノユキ より:

      まる様
      訪問&コメント、ありがとうございます。
      「ヤマトタケル」読みました!内容があやふやですが・・・懐かしいなぁと思いました。図書館にあれば借りてみようかしらし?と。
      関東在住なんですね。
      地名は今も昔もさほど変わりないんですよね。なので、いろいろと思いながらそのあたりを歩いています(^^)/
      機会がありましたら、是非、訪問を。
      ただの田舎なんですが、「ああ、ここに真秀がいたのかー」なんて妄想をすると楽しいです。
      わたしも佐保彦の章を待っておりますw
      誰か続きを書いてくれないものかしら・・・汗