スポンサーリンク

毎日の積み重ねが大切!お米のとぎ汁はどうしている?

先日、友人と会った時、よもやま話に。

その中でお米のとぎ汁の利用法の話になり、いろいろと勉強になりました。

ちなみにわたしはこんな感じで使っています。

IMG_20150305_ふきん

え、何をしているか?って。

家事編:米のとぎ汁は床磨き、汚れ落とし、漂白に使える。

わたしはお米のとぎ汁を以下の用途で使っています。

ふきんを漂白。

写真は米のとぎ汁の中に台布巾をつけています。漂白のためですね。ひと晩もつけておくと翌朝にはスッキリと綺麗になっています。

白雪ふきんがいい!もう一度言う、白雪ふきんが抜群にいい!
先日、ちらりと書きました キッチンスポンジ問題。 ひそかに(?)近所のドラッグストアで2個140円位の安いスポンジを購入して使っていま...

密閉容器のにおい落とし。

カレーなどのように香りがきついものを保存するとどうしても匂いが容器に移りますね。そんな時にとぎ汁につけておくと匂いがさっぱりと綺麗にとれます。

鍋の焦げを落とす。

アルミ、琺瑯、ステンレス製の鍋を焦がしたら、その中の米のとぎ汁を入れてひと晩おいてください。汚れがポロリと取れますよ。

フローリングの艶出し。

これはぬかの油分がいい味を出してくれます。とぎ汁でサッとフローリングを拭くとピカピカになります。お肌にも安心ですし、オススメです。

大根の下茹で。

大根をとぎ汁で煮ると大根独特の苦みが消え、味が染みやすくなりますね。

美容編:米のとぎ汁は保湿、洗顔に使える。

洗顔。

米のとぎ汁で顔を洗うと適度な潤いを残して洗い上げてくれます。

入浴剤。

我が家はぬかを使っていますが、米のとぎ汁を風呂に入れても同じ効果が得られます。お肌に保湿、潤いが感じられます。洗髪にもオススメで髪がツルツルになりますよ。

わたしらしく年齢を重ねる:乾燥による痒みには米ぬか風呂が効果的だったよ。

庭編:植物の有機肥料として。

我が家はこれには使っていませんが、実家ではよくやっていました。植物が元気になるみたいですねー。

米のとぎ汁は、環境に良くないの?

何気なく捨てているお米のとぎ汁500ml。じつは、魚が住める水質に戻すには、バスタブ4杯分(400リットル)の水が必要になるんです。

家庭からの排水は、浄化槽できれいにされてから流される場合もあれば、未処理のまま流されることもあります。水を汚しているのは工場排水と思われがちですが、じつは、排水に関する法律で決められた基準がある工場排水より、家庭からでる生活排水の方が環境を汚染してしまっているのです。

米のとぎ汁が環境汚染に! いますぐ生活排水を見直す方法

最終的には流すことになっても、節約という観点からもとぎ汁の再利用出来る方法を考えたいですね。

本当は植物にあげるのが一番なんでしょうが、我が家にはそこまで植物がないので(・・;)

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク