わたしはスマートフォンの危険性を分かっていない。

スポンサーリンク

スマートフォン

東洋経済でフムフム、と頷く記事を発見。

自宅や会社で使うコンピュータは、特定のネットワークを通じてサイバー空間に接続されることが多い。だがスマホの「いつでも、どこでも」を実現するには、 電波や「Wi-Fi」(Wireless Fidelity、無線LANの一種)が当然必要だ。そしてこれら「電波の基地」(アンテナ)やWi-Fiのアクセスポイントを不特定ユーザーが共有するために、危険度が増すことになるのだ。

日本人は「スマホの危険性」をわかっていない

これらの見知らぬ、不特定の Wi-Fi スポットを通じて多くのスマートフォンが日々、危機に接している、と記事は書かれています。

ぼんやりと分かっているつもりでしたが・・・それではダメなのでしょう。

ええ、そうはわたしはスマートフォンの危険性は分かっていない。

主人から見るとわたしはスマホの危険性を分かっていない。

わたしから見ると友人はスマホの危険性を分かっていない。

友人から見ると子どもはスマホの危険性を分かっていない。

となんだかグルグルーしております。

それぞれ、自分だけは大丈夫だけれど、あの子 or 人は心配よねーと実に身勝手なループを巡っておりますが、そう思っている自分が一番分かっていないんでしょうね。

だって、スマートフォンで痛い目を見たことがないんですもの。1度でも痛い目を見るとこんなわたしでももっと慎重になると思いますが(`・ω・´)

スポンサーリンク

アラフォー専業主婦の IT リテラシーなるもの。

多分、世間の目から見るとアラフォー専業主婦って情報(IT)リテラシーが低いと思われていると思うんですよね。

事実、我が身を振り返っても、友人を見ていても低いだろうな、と実感をします。

情報リテラシーinformation literacy 情報リテラシ

情報リテラシーとは、情報を使いこなす能力のこと。

体験やメディアを通じて得られる大量の情報の中から必要なものを探し出し、課題に即して組み合わせたり加工したりして、意思決定したり結果を表現したりするための基礎的な知識や技能の集合である。

IT用語辞典

わたしは同世代の友人のセキュリティ意識を全く信用しておりません。

自分も含め、仕事でパソコンを使用している or いない、家庭でパソコンを使っている or 使っていない云々よりも全く信用できません。学校で「パーソナルコンピューター」や「インターネット」なるものを学んでいないこのアラフォー世代のセキュリティ意識は恐ろしい。実に恐ろしい。

ええ、この20年の間にいろいろとありました。

顔写真をモザイクなしにSNSにあげるわ、ネット上に実名や住所が流出しているわ、パソコンに意味不明なウィルスが存在しているわ、セキュリティソフトが稼働していないわ、逆にセキュリティソフトが2個も3個も入っているわ、訳の分からんメール or メッセージがワンサカとわたしの手元に届くわ、いろいろと被害をこうむりました。あ、涙が。

過ぎ去れば全て「あんなこともあったわねー」という笑い話(?)ですが、それらの経験を経てインターネットを通じて友人と繋がることには相当に慎重になっております。

これが LINEをやらない理由の一つ になっているぐらいですから(゚Д゚)クワッ

絶対に誰かが乗っ取られて、わたしの元に詐欺関係の何かがくると思い込んでいます・・・

もう、それをイチイチ指摘するのも面倒くさいの。でもね、LINE をやっていないと知らないで済む。LINE の中で何かが起こっていてもスルーできるのよ。そう、「知らない幸せ」というものがこの世にあるのよ・・・遠い目。

パソコンでインターネットの世界を渡り歩き20年。

ええ、かくいうわたしもインターネットでは痛い目にあったことがあります。

今となってはお笑い話にしかならない、古典的な詐欺の手口にあたふたしたことも。

でも、結果としては一度も大きな被害 or 金銭的な被害にあっていない(と思い込んでいる)ので、それらの古典的な詐欺もわたしのスキルをあげることに貢献してくれたかな、と。

20年前とか15年前のウィルスは分かりやすくて可愛いものでした。

それに比べると、今のウィルスは恐ろしい・・・「え、わたしが知らない間に感染しているの!?」とな。

定期的にウィルスチェックをかけていますが、それをすり抜けて侵入してくる可能性はゼロとは限らないもんですね。

想像すると夜も眠れない。

そして、それはスマートフォンも同じ。

ウィルスはあの手この手でデバイスに侵入してくる。

皆さん、よもやと思いますが、セキュリティソフトをインストールしています・・・よね?していますよね?していますよねー!?

インストールさせて、かつ、ちゃんと稼働していますよね?ね???

不正アプリ。

アンドロイド向け不正アプリはなんと260万種

事実、特にアンドロイドをターゲットにしたウイルス数は深刻だ。マイクロトレンド社によると、アンドロイド向け不正アプリの数は、実に260万種とも言われ、たった1年でその数は3倍にも増えてしまった(2014年6月現在)。iPhoneよりも、アンドロイドのウイルス数が圧倒的な理由は、アプリの公開審査基準が緩やかであるためだ。ウイルスの数は増え続けており、危険はますます深刻になることが予想できる。

わたしのスマートフォンは android。セキュリティの件だけは iPhone が羨ましい、と心の底から思います。

android のわたしはアプリをインストールする前にイチイチネット検索をかけてチェックしているもんなぁー(;´・ω・)

皆さん、むやみやたらに好奇心だけで訳の分からないところからアプリをインストールしないように!何が引っ付いてくるかわかりませんよー。

あと、Googleさん、チェックを何卒何卒よろしくお願いします。すり抜けさせないで~涙。

無料Wi-Fiなる存在。

わたしは家を一歩出ると、LTE に切り替えます。

訳の分からない無料 Wi-Fi に繋がりたくありませんので。が、意外とあっさりと皆さん、無料 Wi-Fi に繋がれますねーいや、別にキャリアが提供しているところならいいですがー

Wi-Fiのアクセスポイントについても同様だ。たとえば、通信速度が速くなるからなどといって「無料Wi-Fi」の場所でむやみにネットに接続することは到底勧められない。安全の保障が絶対的に信頼できるネットワーク以外は、どれも接続すべきではないのだ。

個人的には外にいるとき、訳の分からない場所にいる時は、絶対にLTEに限ると思っています。小心者なので無料 Wi-Fi には繋げません・・・(・・;)

ええ、そう、わたしはスマートフォンの危険性を分かっていない。

相当に慎重にスマートフォンを使っているつもりですが、パソコンに比べるとどうしても使い方がザルかなーと。まだ危ない目というか、ヒヤリとすることに出会っていないことも大きいかもしれません。

が、今回、この記事( 日本人は「スマホの危険性」をわかっていない )を読んで考えさせれ、できるところから慎重にしていきたいと思います。とりあえずは・・・

  • OSを常に最新に。
  • 不用意にアプリをインストールしない。
  • 無料Wi-Fiに繋がない。
  • 怪しいサイトに繋がない。
  • パスワードロック。
  • 盗難・紛失はしない!

特に盗難・紛失には絶対に気を付けたいと思います。これをやってしまったら、取り返しがつかない気がします・・・遠い目。

一応、10桁以上のパスワードをガチガチにかけていますが、盗難・紛失はなぁーマジでやばいですね・・・

今後、ますますこの手のデバイスが普及していく中、セキュリティを意識する場面が増えていくことが予想されますね。それが、なんだか面倒くさい感じがしちゃっているわたしなのでした。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA