アラフォー主婦の仕事、派遣社員として働くメリット・デメリット。

キーボード

現在は専業主婦をのほほんとやっておりますが、結婚後 ~ 最近までは派遣社員として数社を渡り歩きました。

飽きっぽい性格 & 「派遣社員になったからには色々な会社を見たい!」と思ったこともあり、結構な数の会社にて派遣社員として働くことに^^;

また、リーマン・ショックは乗り越えたのに、その後に派遣された企業では派遣切りにあったりしました。が、その一方で主婦が派遣社員として働くことにメリットも多々あったように感じています。

しばらく、シリーズっぽく主婦&派遣社員としての経験話なぞをツラツラと書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

サラリと派遣社員経歴。

サラリと書きます。わたしは派遣社員として以下のような仕事に就きました。

  • 庶務 & デザイナー
  • 進行管理
  • HP更新 & サーバー管理 & データ入力 & ヘルプデスク
  • 特許事務 & 簿記
  • 貿易事務 & データ入力

派遣のお仕事を探す際には「事務職」と限定していましたが、こうやって眺めていると実に雑多な仕事を経験させていただきました^^; 個人的に「特許事務」とか「貿易事務」は派遣社員でないと体験できなかっただろうな、と実感をしております。

また、派遣期間は長くても2年、短くて3ヶ月。時給はいずれも1,300円~1600円の範囲内でした。

派遣社員の雇用契約。

派遣社員の雇用契約は少し特殊な形になります。

例えばパートや契約社員の場合でしたら、働いている会社と直接契約を結ぶ形になります。

が、派遣社員の場合、派遣会社に登録を行い、仕事を紹介してもらった派遣会社と雇用契約を結びます。そして企業には派遣会社から派遣されている形に。派遣先企業でのわたしの立場はいわば外様的なものになります。

この会社で働いているんだけれど、会社に所属していない。社員やパートさんなどの直接雇用から見ると「身内」ではなく、他人のような感覚と申しましょうか?

その外様的感覚がある種の諸刃の剣に繋がるのかな、と思ったりもします。が、派遣社員としてわたしはこのドライで契約できっちり線引された関係が割りと好きでしたね。

身内ではないからこそ、冷静に客観的に会社を見つめ、働くことができる、と。そして、去ることも容易いものでした。

派遣社員として働くメリット・デメリット。

わたしが個人的に感じたメリット・デメリットを記載しておきます。

派遣社員のメリット。

  • 勤務地・曜日・時間が選べる。
  • 時給が高い。
  • サービス残業がない。
  • 派遣会社が間に入ってくれる。
  • いろいろな職種や企業での仕事を経験できる。
  • 自分の能力や希望にあわせて働ける。
  • 辞める時があっさりとしている。
  • プライベートを優先できる。

派遣社員のデメリット。

  • 派遣切りされる可能性がある。
  • ボーナスがない。
  • 給料があがらない。
  • 重要な仕事を任せてもらえない。
  • 疎外感を感じる。

実際の所、わたしはさほどデメリットを感じませんでした。が、派遣社員として働くことにメリットばかりがあるわけではありません。

わたしも企業の業績悪化に伴い、派遣切りにあったこともあります。また、必ずしも派遣先に楽しい & いい記憶があるばかりではありません。あからさまな正社員と派遣社員の線引に戸惑ったことも。

でも、総合的に割りきって生活のためにお金を稼ぐ機会として考えた場合、主婦が派遣社員の仕事を選択するのも一つの手ではないかな、と思います。

また、これだけいろいろな仕事にチャレンジできるのは正社員では難しいですからね^^;

「派遣社員」としてわたしも派遣先企業も割り切っているからこそ数社を渡り歩き、いろいろな職場を覗けたのでしょう。なかなか愉しいです!比較できることは。また、正社員とは違う立場からモノを見る感覚も身につきました。それがいいのか悪いのかはともかくとして。

ただ、派遣社員である以上はある程度の即戦力は期待されます。

職種にもよると思いますが、最低限のOA知識、ビジネスマナー、その他業務に関する習熟度などは仕事で問われるかな、と覚悟しておく必要がありますね。

家庭の事情で。

が、家庭の事情でなかなか働けない・・・フルタイムは難しい・・・突発的な休みが入る場合がある・・・ということも忙しい主婦の方には多いでしょうね。

そんな場合、個人的には以下の様な職場環境がいいかな、と思っています。

  • 週に2~3日程度のパートタイム派遣。
  • 派遣先が大企業であること。
  • 同じ仕事をする人がいる。

この場合でしたら扶養を抜けずに済む可能性も高くなります。

また、派遣先企業が中小の場合、なかなか突発的には休みづらいもの。経験上、その休みが重なると居づらくなる可能性も高いかな、と。やはりその分、その仕事が他の社員や派遣、パートにしわ寄せがいくのでどうしても「イライラ」とされてしまう可能性が^^;

なので、大企業で人員をたくさん抱えている & 余力がありそうな部署のほうが働きやすく感じると思います。

もちろん、急な休みで仕事に穴をあけるのはもってのほか。でも、どうしても家庭の事情で止むにやまれない場合が発生する可能性を考えた場合、コレも一つの目安になるかもしれませんね。

次は実際に派遣社員として働くためにどうすればいいのかを書いていきたいと思います。そして、いずれは雑多な仕事内容に関しても。

主婦が派遣社員として働くのはアリだと思います!

わたしもまたいずれ働くかもしれません。

まずはどんなお仕事があるかチェックをしてみましょう。

参考 大企業で働きたい!スキルを上げたい!派遣のシゴト探しはマイナビ派遣

参考 主婦から派遣社員!マイナビ派遣を利用して登録する派遣会社を探す。

おまけ。

それでも派遣社員として働くのは不安・・・という方にはこの本をオススメします。わたしも読みましたが笑いをこらえるのが大変でした。それにしても100社とはすごいなぁ、とひれ伏すばかりです。

やっぱり正社員、直接雇用にこだわりたい方は下記へどうぞ。

参考 Winな女性の転職『ウーマンウィル』人材紹介のマイナビエージェント

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA