主婦がおしゃべりを楽しむなら・・・「ランチ」よりも「モーニング」のススメ。

スポンサーリンク

モーニング

定期的に会う友人。

比較的近所に住んでいること、お互い、それなりに時間の余裕があることにより、会って愉しいことや愚痴などを言いあって、そして解散、という関係。

朝は何かと家事があるから・・・と家事が一段落し(彼女の場合は子どもの見送りなど)、化粧などのオシャレも済ませて、ランチタイムやアフターヌーンに時間をあわせて会うことが多かったわたしたち。

が、昨年末からその会う時間をずらしました。

そう、ランチからモーニングへ。アフターヌーンからモーニングへ。

これが意外といい。

「これから会うなら、ランチタイムよりもモーニングタイムよね!」とわたしたちの中で盛り上がっております(笑)

スポンサーリンク

会話を楽しむだけなら、互いの家へ行き来もありだが。

わたし達の場合、これはこれで疲れます。

招いている方は自分のテリトリーに相手を入れている緊張感。

招かれている方は相手のテリトリーに自分が侵入している緊張感。

そう、お互いに緊張感を覚える、という。そして、意外と疲れることに気付いちゃった感じですね(^^;

相手の家に手ぶらで行くことはちょっと考えられませんし、何よりも頻繁にそんなに行き来するのもちょっとどうかな、と。お互いに主人の気持ちとか考えちゃうんですよね。また、毎回のお土産はどうするか、など。

また、二人で過ごしている時間に近所の人がひょいっと訪れてくることもしばしば。そうなると、愉しい会話のテンションやリズムが途切れて白けてしまうことも間々ありました。

回数を重ねればある程度は慣れますが、やはり、他人の家は他人の家ですし、招いた方はそれなりに気合をいれて料理の準備をすることも。女の見栄でしょうか?それとも、意地かな?笑

それならば割り切って外で会おう、と。

二人とも思いっきりリラックスでき、会話もじっくりと楽しむためにランチやアフターヌーンを楽しんでいたのですが・・・

平日、主婦がランチタイムに食事をすると。

平日、主婦がランチタイムの約束をすると・・・

あ、これで家事があらかた片付いたわね。出かける準備をしないと。

今何時?9時半か、11時半の予約までまだ余裕があるわね。11時ころに家を出ればいいから、ちょっとコーヒーでも飲んで休憩してから出かける準備をしようか。

せっかく出かけるんだから、ちょっとお洒落をしたいわねーなどと考えてるともう10時。

慌てて化粧をして洋服を着て、11時に家を出て、「お久しぶり」と。

そして、美味しい料理を頂き、食後のカフェでのデザートもかわいくてウキウキとしたわー。会話も弾んで、とても楽しい時間を。あら、でも、もう2時半、子どもが帰ってくる前に帰らないと!と慌ただしく解散。

子どもの帰宅とニアミス。

そこからバタバタ・・・

ということが想像され。

そう、子持ちの友人がそんな感じでした。消化不良気味なんだけれど、とりあえず今日はこれで解散!次回こそはスッキリしたいわね!と思ってもまたバタバタ・・・という。

対するわたしもお子さんの帰宅時間が気になりますし、何とか時間を早く切りあげないと。せっかく会っているのに・・・でも、仕方ないよね、と。

それらのモヤモヤがモーニングになると一掃されました。

平日、主婦がモーニングをすると。

開店時間は店舗によってかなり異なりますが・・・

わたしたちの場合でしたら、9時ぐらいにそれぞれお店に合流をしてモーニングを注文。

そして、モーニングの終わる11時ごろまでしゃべり倒して解散、という形を。この時点で2時間。

もし、まだしゃべり足りないなら、ちょっとお茶をすることも。もしくは公園をブラブラなどすることも。

でも、どんなに頑張っても2時ぐらいには十分会話に満足をして解散する形になります。さすがに5時間もしゃべればスッキリとします(笑)最強の心のデトックスよ!

ランチの時よりも長く時間を使うことができます。

結果、互いに言いたいことはすべて言いきって、共感も頂いてスッキリした形で帰宅し、慌てることなく、夕食の準備ができます。心の余裕もゆとりもある上に、時間の余裕もできちゃうんですす。

何よりも経済的に余裕ができちゃうんです!

店にもよりますが、概ね、モーニングってランチよりも価格が安いですよね。半額かもしくは半額以下というお店もあったりして、家計を握る主婦としてはウキウキします。

ランチで1,000円以上飛んでいくことを思えば、500円以下で済むモーニングってなんてコストパフォーマンスがいいのだろう!と感動を。

わたし達の場合は「何を食べるか」よりも「何を話すか」「何を聞くか」の方が重要なので。

そう、メインは会話食事はサブ、という扱いなんですよね。

時間の使い方が効率的に。

とりあえず、朝はテキパキと家事を済ませることを覚えました(^^;

専業主婦ということもあり、ついダラダラーと家事をやっちゃいがちだったのですが、定期的に彼女とモーニングを過ごすことにより、メリハリを付けることを覚えました。

そして、帰宅後、夕食までまだまだ時間の余裕があるので、慌てて夕食の準備をする必要がなく、ゆったりと構えられています。そう、友としゃべり倒し、スッキリとした気持ちのまま、料理にゆったりと向き合え、帰宅した主人も優しく迎えることが(^^;

友と別れた後の時間の流れを穏やかに、すっきりと過ごせる、という感じでしょうか。それがすべてプラス方向に動いているような気がします。

子どもを持つ彼女も同様のことを。

子どもを笑顔で迎えることができる!と。母親の彼女に余裕があると、なんだかいい感じがしますよね?わたしだけかな?

朝にイベントを持ってくると、午後はゆったりと過ごせるのがいいですよね。

そのイベントが楽しいイベントだと、その日は1日、とてつもなくハッピーな日になる喜び。

そして、モーニングって楽チンだね。

まぁ、洋服とか気を使わない感じでいけるのがいいですね(^^;

ランチになるとちょこっとお洒落をしてー化粧をしてーという感じなのですが、朝、バタバタしているとついつい疎かというか手抜きになりがちです。

わたしだけでなく、相手も。

さすがにこの年になるとスッピンでということは滅多にないですが、ファッションやカバン、シューズなどがよりカジュアルになる傾向があります。

まぁ、なんていうか家事の延長というか、ジョギングの延長っぽいファッションで行ってもモーニングの時間帯はさほど違和感がない感じなんですよねー

店内で周りの席を見渡してもそういう感じの人が結構いる感じです。つまり、ウォーキングの途中ですよ~みたいなスポーツファッションの人がチラホラいるので。

わたしたちも結構くだけたファッションになりがち(爆)

でも、まぁ、それがものすごーく楽チンだなーと最近は思い始めております・・・いかんですね。この記事を書きながら悲しくなってきました。次は少し、オシャレをして行こう・・・

ともあれ、これからもモーニング!

何よりも1回の食事にかかる金額が半額になったので、彼女と会う回数が増えたことが一番嬉しいかな。

ランチもアフターヌーンも、もちろん、ディナーもいいけれど、主婦のわたしたちにはモーニングでワンコインで、二人の時間を作ることが一番良かったのかも。

気が置けない友と時間を気にしないで、思いっきりゃべり倒せる贅沢。

わたしにはそんな時間も必要なのだ。

皆さまも、機会がありましたら是非!

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

コメント

  1. tom より:

    ワタノユキさん、こんにちは。
    漫画の「いつかティファニーで朝食を」をご存知でしょうか?
    アラサーでライフスタイルもさまざまになった友人同士がモーニングのおいしいお店で朝食を楽しむ・・・というようなストーリーです。

    この漫画を読んで「友人とモーニングいいなぁ、でも、ちょっと難しいかなぁ」と感じていたんですが、実際に友人とモーニングされている方がいたとは!
    素敵ですね。とってもうらやましいです。

    • ワタノユキ より:

      tom様

      訪問 & コメントありがとうございます。

      「いつかティファニーで朝食を」?オードリー・ヘプバーンの映画かと(^^;
      世代の差でしょうか・・・
      全く知りませんでしたが、なかなか興味深い内容ですね。
      機会があればぜひ読んでみたいなぁ
      紹介、ありがとうございました。

      是非、機会がありましたら、親しい人とモーニングを。
      わたしたち以外にも楽しんでいる人がいっぱいいて、なんだかほっこりとします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA