スポンサーリンク

どうぞ、奈良ふきんをお使いあそばせ。

我が家の台布巾は概ね遊中川さんの商品を使うことが多いです(■布巾を新調しました。)。

が、昨年末に妹から白雪ふきんを貰いました(■雪の中、散歩、そして、戦利品(笑)。)。これも意外と良かったので、今回、新たに自分で白雪ふきんを購入しました。

遊中川さんも白雪ふきんも奈良のメーカーさんです。

→ 遊中川 赤川政七商店

→ 白雪ふきん

いずれも奈良の人にとっては馴染みのあるメーカーさんでしょう。

わたしもそうですが、奈良在住の人は遠方の人に贈り物をする時などによく利用するのではないでしょうか。贈り物として使った場合、小粋でセンスがよく見えるところが好きです。

実際のセンスはともかくとして・・・

古の都、奈良。

古の都、奈良は昔から薄織物の産地でした。そして、蚊帳の生産地としてそれなりに名を馳せていた様子。

しかし時代の流れと共に蚊帳は使われなくなり・・・その代りとして、綿やリネンを使った魅力的な商品が現在も生み出されるようになった様子。

ふきんもその一つ。

一度、遊中川や白雪ふきんを使ってしまうと、もう市販のレーヨンのふきんには戻れません(■頂いたフキン。)。やっぱり、奈良のふきんじゃないと!と思うのです。

遊中川のふきん。

遊中川は概ね綿100%だと思います。

非常に柔らかい感触と使い勝手の良さゆえに我が家の中ではふきんとして常にナンバーワンに位置していました。この鳥獣戯画のふきんはかなりヘビロテしておりました。

中川政七商店 遊中川 鳥獣戯画ふきん

デザインも使い勝手も本当にお気に入りのふきん。またいつか使うと思います。

また、遊中川ではこれとは別に花ふきんも愛用しています。食器を拭くにはこれじゃないと!これは結婚以来変わらない習慣ですね。

遊 中川 花ふきん【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】

白雪ふきん。

20141107_白雪ふきん

わたしは遊中川のふきんから入り、それで満足をしていました。そして、遊中川のふきんに慣れた頃に頂いたのが白雪ふきん。久しぶりに使うと「お、これもいいなぁー」と思いました。

潔い白さに魅惑された、と申しましょうか。笑

白雪ふきん 30×35cm 2枚入り


こちらの素材は綿とレーヨン。おニューの頃はガチガチのこれぞふきんという佇まい。

ちなみに・・・

個人的な感覚では遊中川のふきんのほうが丈夫な感じがします。レーヨンが入っているせいか白雪ふきんは使い終わりにはボロボロになりますねー

でも、その頃のクタクタ感はたまらないほど魅力的なんですがー

ふきんは奈良のもの、と決めている。

奈良生まれの奈良育ちのわたし。

ふきんはもう奈良で生まれたものを使おうと決めています。生まれ育った奈良の経済活性に少しでも繋がっているかなぁーと。これがお高いものだったら、泡を食って逃げるところですが、そこはふきん。

まぁ、確かにふきんとしては安くもないけれど、べらぼうに高いわけでもなく、我が家の家計からも出せるお値段。それに我が家の近所のお店でいずれも扱っているので、ひょいっと買いに行けるのがいいですね笑

これからも大切に使っていきたいと思います。

どうぞ、一度、奈良のふきんを使ってみてくださいませ。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク