フィギュアスケート

運命の全日本選手権、羽生結弦と高橋大輔は世界フィギュアスケート選手権の代表に選ばれるだろうか?

投稿日:2018年12月19日 更新日:

クリスマス

週末はクリスマス、いえ、スケオタにとってはフィギュアスケートの全日本選手権。(ついでにロシアの国内選手権も気になりますね!)

オリンピック金メダリストの羽生結弦選手は欠場を発表し、俄然、男子の世界フィギュアスケート選手権(ワールド)への派遣選手の選考が楽しくなってきました。

羽生選手が出場したら、羽生結弦、宇野昌磨が順当に選ばれて、3番手は若手の友野君?とぼんやりと思っていました。

が、羽生選手が欠場。

となると、3年連続全日本選手権欠場の羽生結弦選手を今回も選ぶのか、よみがえったベテランが選ばれるのか、ちょっと実力が不安定というか未知数な若手を選ぶのか、と頭の中でいろいろな妄想が渦巻いてきました。

はて、スケ連はいずれを選択するのでしょうか。

まず、今シーズンのパーソナルベストをチェックしよう

ざっくりと比較してみましょう。

選手名 SP FS 総合
羽生結弦 24歳 106.69 190.43 297.12
宇野昌磨 21歳 104.15 188.38 277.25
友野一希 20歳 82.26 156.47 238.73
田中刑事 24歳 77.53 144.39 221.92

参考:http://www.isuresults.com/isujsstat/sb2018-19/sbtsmto.htm

ついでに西日本選手権で優勝した高橋大輔選手の記録も参考に。

選手名 SP FS 総合
高橋大輔 32歳 83.56 161.11 244.67

あくまでも参考記録ですが、この段階で高橋選手は友野選手と田中選手よりも高い得点をたたき出しています。

高橋選手ほどのベテランになれば、ここから全日本フィギュアスケート選手権に向けてもっと質をあげてくるでしょう。

そもそも、世界フィギュアスケート選手権の出場選考基準は?

日本スケ連の発表によりますと以下のように書かれています。

世界フィギュアスケート選手権大会
(男女シングル3枠、ペア、アイスダンス各1枠)
(1)
男女シングル
全日本選手権大会優勝者を選考する。
②以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して1名選考する。
A)日本選手権大会2位、3位
B)ISUグランプリファイナル出場者上位2名
C)全日本選手権大会終了時点でのISUワールドスタンディング上位3名
③以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して、① ② で選考された選手を含め 3 名に達
するまで選考する。
A)② の A) から C) に該当し、② の選考から漏れた選手
B)全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンワールドランキング上位3名
C)全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンベストスコア上位3名
最終選考会である全日本選手権大会への参加は必須である(補欠の選考はこれに限らない)。
ただし、過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が、けが等のやむを得ない理由で全日本選手権大会へ参加できなかった場合、不参加の理由となったけが等の事情の発生前における同選手の成績を上記選考基準に照らして評価し、世界選手権大会時の状態を見通しつつ、選考することがある。

出典:https://www.skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/2018/180622_FS_Senkokijun.pdf

過去の選考を思い出してもおおむね、これに準じています。

まず、①の全日本選手権に優勝すれば、その該当選手は自動的に選ばれます。今期の実績を考えると、恐らく宇野昌磨選手がこれに該当することが予想されます。

次に悩ましいのが②。

 A)日本選手権大会2位、3位 → 不明。
B)ISUグランプリファイナル出場者上位2名 ← 宇野昌磨 ※羽生結弦は出場資格はあった
C)全日本選手権大会終了時点でのISUワールドスタンディング上位3名 → (多分)宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事

もうね、宇野昌磨は間違いなく選ばれます。

よほど下手な滑りをして、5位とかにならない限り彼は選考されるでしょう。が、出場選手を見ていると、宇野昌磨が5位になることはなかなか想像できません。2位になることも難しい、と思われ・・・それが宇野選手のプレッシャーになるかもしれませんが、よほどのことがない限り、彼が優勝するでしょう。

また、田中刑事選手が宇野選手に次いで全日本フィギュアスケート選手権で2位に入れば自動的に代表に選考されるような気がしますが、今シーズンは気負いだけ入ってピリッとせず。とはいえ、全日本は2年続けて踏ん張って2位を占めているので、今大会も2位に入れる可能性は存分にありますよね!?

また、昨年の世界選手権5位入賞の友野一希選手も2位に入る可能性がありますよね。むしろ、伸びしろがあり、若い彼の方が可能性は高いかもしれません。

そして、ベテランの高橋大輔選手も・・・宇野昌磨選手以外は本当に暗中模索です。

もっとグルグルとしてくるのは次。

 A)② の A) から C) に該当し、② の選考から漏れた選手 → 不明
B)全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンワールドランキング上位3名 → (多分)宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事
C)全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンベストスコア上位3名 → 羽生結弦、宇野昌磨、友野一希

羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事、友野一希、高橋大輔、もしくはほかの若手が登場!?

さあ、あなたは世界フィギュアスケート選手権の代表に誰が選ばれると思いますか?

3年全日本フィギュアスケート選手権に出場していない羽生結弦選手は代表に選ばれるのか?

個人的には羽生結弦選手は出場しなくていい、と思っています。

彼は休むべきです。今シーズンはもう休めー!休んでおけー!と言いたくなりますね。

そもそも、日本人選手ならば全日本フィギュアスケート選手権に何が何でも出場してワールドや四大陸選手権の出場権をもぎ取る気概が欲しいところです。

しかし、羽生結弦選手は3年連続全日本フィギュアスケート選手権に出場していないことになるんですよ・・・!でも、過去2年はワールドの代表に選出されました。1度ならまだしも、2度!そして、今度選出されたら3度!インフルエンザとケガが原因で・・・

彼の実績は確かに素晴らしいものがあり、目を見張るものがあります。選考基準にも合致しています。

メディアには特例、特例と書かれていますが、実際のところ特例ではなく、選考基準にのっとって選考されたといえるでしょう。しかし、ケガが多すぎます。体調がコントロールできていません。

それだけ限界まで追い込んでやっているのかもしれませんが、自らの体と折り合いをつけて、コントロールするのもベテラン選手の証なのではないでしょうか。

そもそも、羽生選手はロステレコム杯で無理をする必要性はまったくなかったのに、出場したところが甚だ疑問ですね。それが彼の美学なのかもしれませんが、フィギュアスケートの一ファンとしては納得できません。美学よりも自分の体ですよ。

個人的には羽生結弦選手はワールドを欠場するのもアリだと思います。そして、己の体調とじっくりと向き合ってほしいところ。

そして、宇野昌磨選手&他の若手にワールドの枠取りの厳しさを身をもって体感しろー!と思っています。その方が若手(誰のことだろう?)の育成に繋がる、と思うの。

管理人
とはいえ、代表に選ばれると羽生選手は出場するでしょう。そして、試合において全力を尽くすでしょう。それが彼の美学だから。でも、正直、一度じっくりと休んだ方がいいと思うのよね~

世界フィギュアスケート選手権の代表に高橋大輔が選ばれることはあるのだろうか?

今シーズン、ISUの主催する大会に出ていない高橋大輔選手がワールドの代表に選ばれることは・・・多分、ないでしょうね。

もし選ばれるとしたら、宇野選手を倒しての優勝のみしかないと思われます。優勝すれば自動的に選ばれます。

しかし、宇野選手の4回転トゥループだけではなく、4回転フリップ、4回転サルコーを組み込んだ超絶高難度のプログラムを倒せるほどのプログラムを今の高橋選手に滑ることはまず無理でしょう。高橋選手の豊かで抒情あふれる表現力(PCS)だけで勝てるものではありません。

ただ、今シーズンの友野選手、田中選手を見ていると、高橋選手が2位に入る可能性は大いにあるかもしれないな~とうっすらと期待をしています。2位に入ったら、ワールドはともかくとして、四大陸への派遣もありうるかな~なんて期待をこれまたうっすらと。

わたしは別に高橋選手のファンではないのですが、円熟味を増したベテランの滑りはやはり胸を打つものです。若い選手にはない、積み重ねてきたドラマと歴史があり、感情移入しやすいもの。

高橋選手が高橋選手ならではの胸震えるような、素晴らしい滑りを見せるとワールド選考の行方は分からなくなるかもしれませんね!

管理人
宇野選手を倒しての優勝が難しい高橋選手がワールドの代表に選ばれるためにはやはり相当なインパクトのある滑りとインパクトのある点数(250点~260点以上は欲しいところ・・・)をたたき出して、2位に入る必要があると思います。が、全日本の最終グループ入りを目標にしている高橋選手は選ばれても辞退する可能性が高いかもしれません・・・!

参考2018-2019男子シングルのシーズンベストスコア

というわけで、わたしが予想する選手はこの3人

個人的には羽生結弦、宇野昌磨、友野一希の3人が選ばれると思っていますが、さて、どうなることでしょうか。

管理人
山本草太選手にも頑張ってもらいたい・・・!ケガからのカムバック。ミスなく演技をしたら、おばちゃん間違いなく泣いちゃう

え、女子?

女子は紀平梨花選手、宮原知子選手、 坂本花織選手かなーと思っています。GPFに出場した三人娘ですね。

SPとFSをそろえることができた場合、紀平選手の点数がどこまで伸びるか楽しみですね!

また、宮原選手にはGPFの悔しさを晴らしてほしいもの・・・!

管理人
女子はむしろ、ロシアの選考が楽しみですね。肺炎で入院し、ロシアの国内大会を欠場するリーザの扱いがどうなるのか。また、シニアの大会に初出場するトゥルソワとシェルバコワがどの位置につけるのか。昨年3位のコストルナヤは?また、メドベージェワは復活するのか?などなどー恐ロシアー

浅田真央選手の引退でフィギュアスケートファンの引退をはかりましたが、まだまだ無理そう~(笑)

全日本選手権の結果

高橋大輔選手は辞退し、羽生結弦選手は選ばれましたね。ま、概ね予想通りでしょうか。

ワタノユキ

マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡

-フィギュアスケート

Copyright© わたしの日常 - 豊かな実りある生活を目指してあがく主婦の日常 , 2019 All Rights Reserved.