なぜ、あの女の言葉はわたしの心を傷つけたのか。わたしの心は何故、傷ついたのか。

水滴

刃のごとく鋭く突き刺さってきました。

しかし、いい意味でも悪い意味でも大人になったわたしはその言葉を聞き流しました。胸のうちで「○てまうぞ、こら」と思っていることなどおくびにも出さず、微笑みを浮かべたもの。

目の前にいるこの女。

この女の言葉に傷ついた風情をチラリとも出してはならない。こんな女の言葉に傷つくことなどわたしのプライドにかけて許せない。妙な意地で女の前で微笑みを浮かべることを意識したもの。

わたしはこの女の言葉に傷ついていない。

認める。自分にそう言い聞かせる時点でわたしは傷ついていた。激しく傷ついていた。この女の言葉に刃を突き刺された。

一度のみならず、何度も何度も。

スポンサーリンク

わたしの傷ついた心を守る方法。

大人になるにつれて、傷ついた心を守る方法を身に付けていきました。それが大人になるということなのでしょう。

今回もわたしは同じ方法で自分の心を守ってみました。

心の傷を棚上げ、瞑想やウォーキングで無の境地を。

わたしがもっとも実践する方法。

心が傷ついた時はもちろん、動揺した時、落ち込んだ時、泣きたい時、わたしはひたすら歩きます。ただ歩きます。黙々と、疲れるまでに歩きとおします。一定のリズムで淡々と歩いていると心の中に巣食っていた「怒り」や「悲しみ」、「絶望」、「苦しみ」が勝手にどこかへ消えていきます。

わたしの中に渦巻いていた心の傷が黙々と歩くことで得る疲れや苦しみにとってかわります。わたしにとってウォーキングは体のみならず、心も整える手段なのです。

そして、ウォーキング出来ないほど傷ついた場合、瞑想の世界に入ります。

心がぐちゃぐちゃのときは瞑想をしても本当に頭の中がぐちゃぐちゃ。次から次へとわたしの心を傷つけた事象が浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返します。それを我慢強く瞑想していくにつれ、頭の中が落ち着いていくことを感じます。

瞑想は何度も何度も続けていくことでより頭が空っぽになる感覚を得ることが出来るでしょう。

尚、わたしの瞑想のバイブルは以下です。

心の傷を吐き出す、友人やメモ帳にすべてをさらけ出す。

若い頃は友人によく愚痴をこぼし、今はメモ帳に愚痴をこぼしております。

心のモヤモヤを自分の内側から吐き出してしまう、という感覚でしょうか。論理的に筋道だって吐き出すんじゃない、感情のままにその時に感じたことをドバーッと吐き出す、と。

若い頃は愚痴を吐き出すこと、共に共感を得ることが本当にどれだけ心の修復に役立ったことか。それだけの素直さが若い頃のわたしにはありました。今も愚痴を吐き出しますが、かなり考えて吐き出すように。それでも一応すっきりとはしますが、より効果的なのは紙に書き殴ること。

ひたすら書き殴って、書き殴って、書くと頭が冷静になってきます。そして書き終えた紙をぐちゃぐちゃにしたり、千切って破り捨てたり、丸めてごみ箱に放り投げたり。

わたしの胸が抱えた傷はすべて紙に譲り渡してしまいます。そう、わたしの心に一滴も残さないように。

心の傷を受け止める、ひたすら自己憐憫にひたる。

わたしってなんてかわいそうなんだろう。

悲劇のヒロインになりきます。

泣ける映画を観てヒロインに感情移入し、滂沱の涙を流し「わたしってなんてかわいそうなんだろう!」と。「本当にかわいそう。傷ついたわたしはかわいそう。傷ついたことがかわいそう」とかいう「かわいそう」の3段階の世界へ踏み入ります。

ひたすら「こんなに傷ついた自分はかわいそうな存在なんだわ」とそのまま受け止める形。

傷ついたことを責めるんじゃない。何故、傷ついたのかということもどうでもいい。ただ、わたしは傷ついている、だから、かわいそうなのだ、と認めるだけ。

悲劇のヒロインになりきると冷静になってくる第三者としてのわたしが出てきます。冷静になれる、ということはそれだけ心がスッキリとしたということ。

それでいいのです。

それでもふっと沸き起こる、あの女の言葉。

心の整理をしたつもりでもふっとした瞬間に沸き起こるあの女の言葉。

どす黒い感情に心が支配される。

思いだすたびに、わたしは自らに刃をつきさしてしまう、何度も何度も。あの女の言葉に傷ついたのか、あの女の言葉に傷ついたことに傷ついたのか。

分からなくなってしまう。

そして、考えた。

わたしの心を傷つけているものは何なのだろうか?

何か分からないものにわたしの心は振り回され、傷ついているのではないだろうか?

わたしの傷ついた心を分析する。

もう一度メモ帳を開きました。

タイトルは「なぜ、あの女の言葉はわたしの心を傷つけたのか。」と。わたしは自分が傷ついた事実には目を向け、対処しようとしたけれど、そもそも「なぜ、あの女の言葉はわたしの心を傷つけたのか。」については考えたことがないことに気付きました。

傷ついたわたし=善、傷つけた女=悪と。わたしの心をこんなに傷つけたあの女が悪いのだ、とばかりに。

「なぜ、あの女の言葉はわたしの心を傷つけたのか。」

特に「なぜ」の部分を追及していくことに。

あの女の言葉は・・・

  • わたしのプライドをへし折った
  • わたしのコンプレックスを指摘された
  • わたしの悩みを指摘された
  • わたしの心の弱い部分を突き破ってきた
  • わたしのことを理解してくれなかった

あの女がわたしを傷つけたのではない。

わたしがあの女の言葉に勝手に傷ついているのだ。

結局、わたしはあの女がわたしの望む、わたしの心が喜ぶ言葉を口にしなかったことに傷ついていたのでしょう。

そう、あの女にとって発した言葉はなんてことのないものだったに違いない。日常会話の一環だったのだ。あの言葉にわたしが深く傷ついたことを知らないに違いない。

そのなんてことのない言葉に傷ついたのはわたしの自意識なのだ。わたしの心なのだ。それが、わたしの弱さなのだ。わたしの触れたくない個所を暴かれたことに傷ついているのだ。

結局はわたしの問題なのだ。

わたしの心を傷つけるのはわたしの意識なのだ。意識的であれ、無意識的であれ、わたしの心の弱さがわたしの心に傷を作っていくのだ。何度も何度も刃を突き刺す如く。

そのたびに律儀にわたしの心は傷を負っていく。

結局、わたしの心を傷つけるのはわたし。

イメージ画像

わたしの記憶が何度も何度も傷ついた言葉を反芻する。

ふっとした瞬間に意識の奥から引っ張りだしてくる。わたしの望まない言葉を。何度も何度も引っ張り出してくる。あの女じゃない、わたしが引っ張り出してくる。

傷ついた心を棚上げするのもいい、放り出すのもいい。ひたすら悲劇のヒロインになりきるのもいい。

それで解消される心の傷もあるだろう。

でも、それでは融解しない心の傷もある。わたしはその心の傷と向き合う必要があるのだ。わたしの心のために。わたしの心を回復させるのはわたしだけなのだ。誰もわたしの心を癒やしてくれない。わたしはわたしの心を癒やす義務がある。

そうして、わたしは少しだけ強くなった心を抱えることができるのだ。

あの女がなぜ、それを言ったのかはもうどうでもいい。それは彼女の問題なのだ。彼女の心の問題なのだ。彼女の心の闇なのかもしれない。が、それはわたしの問題ではない。わたしの心の闇ではない。

わたしはあの女の言葉に傷ついたのではない。自らの弱さに傷ついたのだ。

さて、わたしはその弱さをいかようにすべきか。

そのまま弱い自分を肯定して受け止めるか、わたしはわたしを変えるべきか。今、岐路に立っているような気がしてならない。

そうだ、わたしの目を覚まさせてくれてありがとう。

今はあの女の言葉に感謝する余裕が出てきた。

そして、次、あの女と会う時は笑顔を浮かべる自信がある。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡