外貨定期預金かFXで長期保有か、「ドル」の扱いに悩む。率直にアドバイス、求む。

外貨定期預金_FX

わたしの口座には定期的にドルが振り込まれます。あ、決して怪しいお金ではありませんよ・・・汗

銀行内のレート次第でドルから円に両替する時もありますし、将来の円リスクに備えてドル預金としても保有をしていこうとも思っています。この口座に振り込まれるお金は将来への貯蓄のためと割り切っており、今使うお金ではありません。

で、この振り込まれるドルで定期預金を組もうと思っていました。

日本のマイナス金利では預けても預けても利子なんかほとんどつきませんが、わたしが利用している銀行の場合、5年のドル定期預金なら2%以上の金利なんですって。年2%は大きいですよね。日本では滅多にお目にかからない数値です。

で、その2%の金利に浮かれ、ある程度まとまったらドル定期預金にしようと思っていました。将来の円リスクに備える意味もありますしね。が、冷静になってきました。

為替リスクを考えるとドル定期預金はどうなんだろう?5年後は今よりも円高?円安?1ドル80円になる可能性もあるんじゃない?じゃ、もう5年定期預金を組めばいいのかな?そしたら、10年後はどうなの?とぐるぐると考え込んでしまいました。結論として「神のみぞ知る世界」ですが、頭が沸騰しそうなほど考え込みました。

そこでサクッと検索をかけてみると、「銀行でドル定期預金はダメ」「銀行で外貨定期預金はオススメできない」というページばかりヒットしてしまい、不安になってしまいました(^^;

そして、皆、一様にFXで外貨預金をしろ長期保有をしろ、とすすめてくるのです。

FXで外貨預金?長期保有?FXって短期の取引がメインだと思っていたけれど、そんな使い方もあるんだ!と驚き、調べてみることに。

しかし、調べれば調べるほど頭がこんがらってきましたので、自分の心と頭の整理のために銀行で外貨定期預金かFXでドルを長期保有か書いていきたいと思います。

間違っていましたらビシバシご指導ください。切に求む・・・汗

スポンサーリンク

そもそも、外貨定期預金とは何か?

外貨預金とは本来、日本円を外国のお金=外貨に変えて定期預金をすることをさします。

アメリカドルのみならず、ユーロやイギリスポンド、豪ドルなどに変えることができます。これらの外貨は概ね、日本よりも高金利であることが多いです。

例えば、現在、UFJ銀行の金利は10年定期でも年0.010%という驚きの安さ。

一方、冒頭に書きましたようにわたしの使っている銀行では5年のドル定期で2%以上。単純に計算しますと金利に200倍の差が出てきますのよ。これは大きくないですか?

ここまでは単純なわたしでも理解でき、あっさりと外貨定期預金に考えが傾きました。

しかし、冒頭に書いたようにサクッとgoogleさんで検索をすると「銀行でドル定期預金はダメ」「銀行で外貨定期預金はオススメできない」というページばかりヒットしてしまい、不安に陥る羽目に。

なぜ、外貨定期預金は避けた方がいいのか?外貨預金の3つのデメリット。

概ね、以下の3つに集約されます。

  • 為替リスク
  • 外貨預金は預金保険制度の対象外
  • 為替手数料・売買手数料が高額

詳しく見ていきましょう。

為替リスク。

為替レートが変動するにつれて利益を得る可能性がある一方で、元本割れを起こす可能性があります。

【預入時】1ドル100円で100万円を預け入れる ⇒ 10,000ドル

上記の条件で外貨定期預金を組みます。そして、定期解約時に以下の状況になったとしたら・・・

【円高】1ドル80円 ⇒ 80万円 20万円の損失!

【円安】1ドル120円 ⇒ 120万円 20万円の利益!

となります。20万円となると、とてもではありませんが年2%という金利では抑えられない損失です。これが為替リスクになります。

一方、円安が進みますと20万円の利益を生み出す可能性もあります。

外貨預金は預金保険制度の対象外。

今回調べてビックリしたのですが、外貨預金はいわゆるペイオフの対象外なんですね。

ペイオフとは、預金保険制度に加盟している金融機関が破綻した場合の、預金者保護の方法のひとつである「預金者への保険金の直接支払い(ペイオフ方式)」のことを言います。取扱金融機関が破綻し、かつペイオフ方式が適用された場合は、一定額まで払い戻しをすることになります。

http://www.tr.mufg.jp/life/payoff.html

万が一、日本の銀行が破綻した場合、1000万円までとその利息が保証されます。

しかし、外貨預金はその保障から外れます。外貨預金を保有するなら、ある程度、金融機関を分散させた方が賢明ということですね。

為替手数料・売買手数料が高額。

外貨定期預金の為替手数料は銀行によって異なります。

例えば、三菱東京UFJ銀行の場合、米ドルの外貨手数料は以下になります(1ドルにつき)。

インターネットバンキング:25銭

窓口:1円

1ドルを動かすたびに、25銭 or 1円が銀行にとられ、さらに売買手数料も掛かってきます。

外貨預金の3つのデメリット、FXを利用した場合はどうなるの?

外貨預金の3つのデメリットを改めてみます。

  • 為替リスク
  • 外貨預金は預金保険制度の対象外
  • 為替手数料・売買手数料が高額

これを具体的に国内口座数№1の DMM FX で保有した場合で考えてみました。以下の要領になります。

  • 為替リスク ⇒ 為替リスクはもちろんあり
  • 外貨預金は預金保険制度の対象外 ⇒ 安心・安全の信託保全
  • 為替手数料・売買手数料が高額 ⇒ 為替手数料が安い・売買手数料が掛からない

外貨定期預金であれFXであれ、為替リスクはもちろん、もちろん存在します。

それは分かっていたのですが、下2つは意外というか、知らなかったので「へぇ~」と素直に感動してしまいました。

銀行の場合、外貨預金は保証対象外で銀行が破綻しても戻ってきませんが、FXは外貨も保証対象内なんですね。

つまり、DMM FX が倒産した場合、『日証金信託銀行株式会社』、『株式会社SMBC信託銀行』、および『FXクリアリング信託株式会社』が返金してくれます。もちろん、為替リスクがありますので円 ⇒ ドルで預け入れた場合、元本は保証されませんが、それでも自分のドルがドルとして「保証」されるという文言があると安心させられます。

また、一番考えさせられたのがFXで運用した場合、為替手数料が安い・売買手数料が掛からないことですね。銀行の場合、売買手数料がハッキリと見えないので(汗)、掛かっているとは思っていませんでしたがしっかりと掛かっている様子(参考: UFJ外貨預金の手数料 )。

わたしの場合、更にアメリカからの海外送金の手数料もバカにならないほど掛かっていますので・・・それらを合算すると、銀行に手数料という名目でがっぽりととられているんですよね(^^;

となると、単純なわたしは一気にFXに傾いてきます。

実際のところ、FXにてドルの長期保有はどうなのか?

結論として「分かりません・・・」。

インターネット上の情報を読み漁っていると、「FXでドルの長期保有はアリだ」と思うわたしと、「FXでドルを長期保有しても、外貨定期預金で保有をしてもリスクに差はない」と思うわたしが交互に出てきては「うーん、うーん」と頭を悩ましています。

極端なところ、リスクを避けるためにFXの口座にドルだけ放り込んでおくというのもアリかな、とかまで考えてしまっています。利息はつかなくてもいいけれど、元本だけ補償してくれればいいわ、とかね。わたしの場合、はじまりがドルですもんね。で、適当なところでドルから円にすればいいか、と。

でも、それってFXに口座を開く意味があるのか?と思ったりもしますよね・・・補償が欲しいだけなんですがードルで保有しようとするから悩むんですよね。

どうしても、どうしても、わたしの中で「FXは怖いもの」というイメージがあります。レバレッジは昔に比べると小さくなったよーと言われても、それでも25倍!こうなってくると、得られるかもしれない利益よりも損失しか考えられないんですよね、わたしの場合。

また、FXはデイトレに代表される短期の取引がメインなのに、そのFXで長期保有ってありなのだろうか?それって本当に安心安全なのだろうか?と考え込んでしまいます。わたしの場合、5年、10年、20年、30年単位で考えています。

こうなってくると、なかなか一歩を踏み出せません。

とはいえ、勇気を出してFXを勉強して、挑戦してみようか、と思う。

わたしは安定的にドルを保有、そこにちょこっと+の金利を考えているだけ。

どう考えても心理的に負担が大きいデイトレやレバレッジ(手持ち資金以上の外貨を運用)には絶対に手を出しませんし(レバレッジに手を出さなくてもFXはできるのか?レバレッジ1倍ならそれもアリ?)、FXで一獲千金なんぞ夢も見ていません。

現状、定期的に振り込まれるドルを安定した状態で保有でき、さらにそこにちょこっと高金利が付けばいいかなぐらいの考えです。そして、20年後か30年後の老後資産の足しになればいいかな、と思っているだけ。

要はドルを安全な形で保有したいだけなんです。その手段として外貨定期預金かFXか、はたまたほかの手段があるなら教えてください!というだけのこと。

恐らく、銀行で「外貨が補償対象外」ということを知らなければ、わたしはそのまま銀行で外貨定期預金にしていたでしょう。

そう、このチマチマと貯めようとしているドルに補償があるかないかは大きいですよね・・・庶民なので、「せっかく貯めたお金が銀行破綻により消えた、でも、ま、気にしないわ」なんて訳にはいきません。絶対にできません!

むちゃくちゃく落ち込みますー!

現在、取引している銀行が破綻するかしないかどうかなんてわたしには分かりません。多分、破綻しないと思っているけれど、破綻する可能性がゼロ、というわけではありません。20年後、30年後がどうなっているかは分かりませんしね。

そう考えると高金利に釣られて、安易に途中解約不可の5年定期預金を組もうとしていた自分が恐ろしい・・・その銀行が5年後絶対にあるんかーい、という話ですよね。ま、多分、あると思うけれど。現実的なところ、FXと外貨預金で半々ぐらいでいこうかしらねー(^^;

というわけで実りある老後を目指しまして、せっせと勉強を開始したいと思います。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡