シンプルライフ

わたしの家庭で出来る「地球温暖化対策」を具体的に考えてみた

投稿日:

イメージ画像

先日の西日本を襲った豪雨の凄まじさはわたしの想像を超えていました。

長く降り続く雨があんな被害をもたらすとは・・・と強い衝撃を受けました。西日本に位置する奈良にも雨が降り続きましたが、我が家は特に問題がなく済みました。川の水は濁りましたが、牙を剥くことはありませんでした。

不謹慎ですが、「古の都があった場所は災害に強いというのはなかなか当たっているな」と妙に感心したものです。

しかし、豪雨の後に続く猛暑に体が悲鳴をあげています。周囲を山に囲まれた盆地の猛暑は容赦なくわたしの体に襲い掛かってきます。外に出た瞬間に玉のような汗が拭きこぼれます。

それだけに、被災地の皆々様方が置かれている過酷な環境を思うと胸が痛みます。

今回の西日本における豪雨と猛暑。

知人が被災したこともあり、いすれも地球温暖化の影響が少なからずあるに違いないと強く、今までになく強く実感を得ました。地球温暖化が進んだ結果、地球が暑くなり、豪雨と猛暑として、悲鳴をあげているのだと。

それならば、地球温暖化の進行を遅らせるためにわたしができることは何だろうか?と今更ながらに考えました。

環境省「家庭でできる10の温暖化対策」より

環境省が2002年に提案した「 家庭でできる10の温暖化対策 」より抜粋しました。

[1]冷房を1度高く、暖房を1度低く設定
[2]週2日往復8キロの車の運転をやめる
[3]アイドリングを1日5分ストップ
[4]待機電力を90%削減
[5]家族全員がシャワーを1日1分減らす
[6]風呂の残り湯を洗濯に使い回す
[7]炊飯ジャーの保温を止める
[8]家族が同じ部屋でだんらんし、暖房と照明を2割減らす
[9]買い物袋を持ち歩き、包装の簡単な野菜を選ぶ
[10]番組を選び、1日1時間テレビ利用を減らす

これは今でも参考になるのではないかと思います。

それにしましても、地球に優しい生活は節約にも通じますね。

さて、わたしが、我が家ができる地球温暖化対策をもう少し具体的に考えたいと思います。

家庭で、わたしに出来る地球温暖化対策

出典:環境省「地球温暖化パネル」 http://www.jccca.org/

わたしの場合で考えてみました。

リビングでできること

イメージ画像

  • テレビのつけっぱなしをやめる。
  • 高効率蛍光灯やLED照明に交換する。
  • 冷房は28℃、暖房は20℃を心がける。
  • 使っていない家電の主電源を切る。
  • ひとつの部屋で家族みんなでだんらんする。
  • 早めの就寝を心がける。
  • 使い捨ての掃除道具は使わない。
  • 古い家電製品を省エネタイプのものに買い替える。
  • グリーンを育てる。

生活のゆるみがリビングに出ていたような気がします。

最近は無意識に27度設定でクーラーをつけて、見もしないテレビをつけたまま、PC作業をしていることが多かったですが、設定温度を変え、ラジオ生活に入りました。

また、昔に比べると掃除道具に使い捨てのモノが入り込んできました。

このあたりの使い捨てのモノをバンバン使って掃除をしていました・・・

便利さと楽チンさに負けておりましたが、反省したいと思います。できるだけゴミを出さない or 減らす形で掃除をしていきたいと思います。

キッチンでできること

イメージ画像

  • 【冷蔵庫】扉を開けっぱなしにしない。
  • 【冷蔵庫】詰め込み過ぎない。
  • 【冷蔵庫】温度を適切に設定する。
  • 【炊飯器】保温機能は使わない。
  • 【電子レンジ】野菜の下ごしらえはレンジでする。
  • 【ガスコンロ】火は鍋をはみ出さない。
  • 【ごみ】分別を徹底する。
  • 【ごみ】ごみを出さない生活を意識する。
  • 【サランラップ】サランラップを使わない。

キッチンに関してもいろいろと反省があります。

特にゴミの分別は徹底できていなかったことを告白します。わたしの気分次第でした。面倒くさい時はなんでもかんでも家のゴミ袋に捨てている時がありました。これを見直します。

後、簡単にできるのがラップを使わない生活ですね。

元々、あまり使わない方ですが、スイカやマッカ、カボチャなどは切るとどうしても使いますね。これは致し方ないのかな、と思っています。

が、小さいものに関してはタッパーをフル活用することを意識させます。絶対にサランラップは使わないようにしたいもの。

風呂場・洗濯・洗面所など水回り

  • 【風呂】できるだけシャワーを使わない。
  • 【風呂】風呂にためるお湯の量を減らす。
  • 【風呂】間隔をあけずに続けて入浴する。
  • 【洗濯】できるだけまとめて洗濯する。
  • 【洗濯】風呂の残り湯を活用する。
  • 【温水洗浄便座】電源を切り、使わない。

夏場の現在、シャワーを活用しています。

個人的には現在、更年期ということもあり、汗が半端なく感じられる現在。

昼間もシャワーを浴び、夜もシャワー、へたすると朝もシャワーを使っている時があります。

この事実をちょっと反省し、冷蔵庫に水で絞った冷たいタオルを入れておくようにしました。そして、「汗をかいた、シャワーを浴びたい!」という時にその冷えたタオルで首筋や胸元を拭くようにしましたら、シャワーの回数がとりあえず減りました。何よりも気持ち良くて、気に入っています。

むしろ、シャワーの回数を減らす方向性で頑張りたいと思います!

また、便座の電源は切りました。そして、必要な時にだけつけることにしました。

買い物でできること

イメージ画像

  • エコバッグを常に持ち歩く。
  • 車を使わずに、徒歩や自転車、公共交通機関を利用する。
  • できるだけエコ製品やリサイクル製品を購入する。
  • 通信販売の到着日時をできるだけまとめる。
  • 荷物の再配達をできるだけ減らすことを意識する。
  • そもそも買い物の頻度を減らす。

特に意識をしたいことはエコバッグの徹底です。

基本的に買い物へ行く、と意識して出かける時はエコバッグを持っています。

が、お出かけや遠出をするとエコバッグを忘れていることが多く・・・そんな時に限って、いろいろと購入してはいろいろなビニール袋を貰ってしまいます。それをできるだけ廃止するために折りたためるエコバッグを購入したいと思います。

そして、常にエコバッグを持ち歩くことを意識したいですね。

参考:家庭でできる地球温暖化防止のとりくみについて

地球にとっては財布を開く機会を減らすことが究極的な優しさ

究極的には買い物(サービスの消費も含む)の頻度を減らすことが、地球にとっては優しいことなのではないか、と思っています。

もちろん、現代の高度に発達した経済社会では必要最低限のモノやサービスは購入しないと生活が成り立たないでしょう。それらはもちろん、購入します。何よりも経済を潤滑に回す歯車であることはわたし達の生活に潤いを与えてくれます。

が、それらを購入する、すなわち、財布を開き、支払う頻度を減らすことで地球が喜ぶことがあるのではないでしょうか。

例えば、わたしはよくインターネット通信販売を利用します。先日のAmazonのプライム会員セールと楽天市場のスーパーセールを利用しました。そうすると、商品の発送に伴い、袋や段ボール箱が使われ、かつ宅配業者がガソリン代を使って個別に商品を運んでくれます。

商品の購入そのものだけ、梱包や車での配送などにも地球の温暖化を推し進めそうな要素があります。

買い物大好きのわたしは買い物そのものを無くすのではなく(そもそも無理)、何らかの形で減らす方向を考えていきたいと思います。

結果として、財布の紐を締め、少ないもので満ち足りた生活を過ごすことを意識したいもの。地球と財布、わたしの笑顔に繋がることを信じて、買い物そのものをじっくりと考え直すようにしたいものです。

欲しいと思うだけではなく、これを購入すると地球は、環境はどのような影響を受けるのだろうか?と。

わたしできることは些細なこと、でも、やることに意味はあると信じたい

イメージ画像

地球温暖化対策のために、一個人であるわたしができることはほんの些細なことでしょう。そもそも、わたしが地球温暖化の危機を自覚したのが遅すぎると言えるかもしれません。

でも、わたしは今、気づいた自分を褒めてあげたいです。

そして、わたしが意識できる範囲で地球を守っていく意識を力強く持ちたいです。そのささやかな意識が積もり積もって地球温暖化防止の役に立つと信じたいと思います。

ニュースによると、世界の国々は自国中心主義になり、温暖化への危機意識よりも雇用と自国繁栄に向かっていますが、それでは地球はますます疲弊することが見えています。歴史を見れば明らかなように、人類が望む繁栄には犠牲が付きまといます。

そして、ニュースに接するにつれ「なんて馬鹿な政府だろう!自然が汚され、地球はますます大変なことに・・・」と他人事のように思っていました。

が、考えてみれば、わたしは家庭という場で同じことをしていました。「我が家が一番!わたしぐらいなら大丈夫!」と。

でも、それではダメなんですよね。ダメなんだ、と今更ながらに気づきました。今回の西日本の大雨はわたしの目を覚まさせてくれました。

このままじゃ地球ってヤバいじゃん!

その気づきがわたしの生活に変化をもたらし、結果として地球を守る一筋になりますように。

最後になりましたが、被災地の一日も早い復興を願ってやみません。

参考:http://www.jccca.org/

ワタノユキ

マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡

-シンプルライフ

Copyright© わたしの日常 - 豊かな実りある生活を目指してあがく主婦の日常 , 2018 All Rights Reserved.