ネットとの付き合い方を考えさせられた、『節ネット、はじめました。 』。

スマートフォンを持つ女性

己があまりにもインターネット中毒であることを反省し・・・現在、ゆるゆる~とデジタルデトックス中のわたし。

〔参考〕【100のリスト】ゆるゆる~とわたし流デジタルデトックスを意識。

で、デジタルデトックスの一環として『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』を読みました。

この本ではデジタルデトックスの方法論として極めてオーソドックスで当たり前の方法が書かれています。

「今日からすべてをやめるー」とか極端論や「ネットに向かう管理しましょう!」とかいう精神論ではなく、いかにして毎日の細かい積み重ねで節ネットにたどり着くかコンコンと記載されています。

また、著者が同じ女性であることから、見ているサイトもなんだか非常に親近感がわきますー笑。

スポンサーリンク

まず、ネットとの道ならぬ関係を清算する。

【初級】履歴管理が第一歩。

この記事を書いた前日、すなわち2015年2月11日の履歴をチェックしてみました・・・恐る恐る。

335ページでした。1ページ1分とすると・・・5時間58分も見ていることに(・・;)

あれ、この計算によると3時間で収まっていないんじゃね?これって・・・(・・;)ゆるゆる~とデジタルデトックスは何処へ!?

  • 自分のネット履歴をパソコン、スマートフォンで見て驚きましょう。
  • 1ページあたりの所要時間が1分、もしくは2分と仮定した場合、1日何時間ネットを見ているでしょうか。

閲覧履歴の仕分け。

次は閲覧履歴の仕分け。わたしの場合、内容を細かく精査してみると、概ね以下に分類できました。

  • ブログ更新とそれに伴う検索
  • 買物(リンゴを買う予定でいろいろと調べました)
  • 気晴らしの2chまとめサイトチェック
  • 気晴らしのネット小説チェック

これらを以下に分類します。キーワードは「後悔」。

  • 黒ネット 見たことに対する後悔が大きいもの(優先度高)
  • 白ネット ためになったり面白かったりで後悔はないもの(優先度低)
  • 無害 仕事や生活で必要なもの(節ネット対象外)

見たことを後悔したり、見ていて心がざわついたり、見る前よりもわたしは不幸になっていると感じる「黒ネット」は最優先でさようならしましょう。

白ネットは後悔がないという意味で優先度低。

無害は現代人の日常生活に欠かせないものとして節ネットの対象外。

で、これらを黒、白、無害で分かりやすく印刷した紙にマーカーを引くか、Excelで色分類をしましょう。そうすることにより、自分がいかにしてネットの世界で無意識に動いているのか分かりやすくなります。

わたしはExcelでサクッとやりました。恥ずかしいのでここに表示はできず・・・(・・;)

※履歴のチェック方法が分からない人。検索エンジンにて「使用しているブラウザ名 履歴」で検索をかけてみてくださいね。

節ネット日記を書く。

で、ついでに節ネット日記を書きましょう。

  • 節ネットのためにした工夫や我慢。
  • 節ネットで浮いた時間でできたこと。
  • 自褒め(SNSで承認欲求中毒になっている人向け)

【中級】いざ、黒ネット退治。

著者にとって最たる黒ネットはFacebookだそう。

なので、Facebookをまず「機能のカスタマイズで対応する」ことから入られています。わたしはFacebookをやっていないので、ここは割愛させていただきますね。

で、その次はわたしにも覚えのある寄り道。わたしがよくやるのは・・・

  1. メールチェックのため、MSNのトップページ
  2. ニュースの欄に並んでいた「貯金が出来ない人の「通帳」に共通点」とやらに興味を
  3. クリックしてしまう
  4. その記事の下に「残り少ないケチャップを素早く出す方法」という記事へのリンクがあり興味を
  5. クリックしてしまう
  6. 以下、エンドレス

これが寄り道です。

そもそも、インターネットの世界をあらわす「ウェブ(WEB)」という言葉は、そもそも「蜘蛛の巣」という意味です。リンクが蜘蛛の巣のように張り巡らされており、その蜘蛛の巣にまんまとはまっている自分を思い描き、げっそりとしましたことよ。

寄り道ばかりをしているような気がするよ、本当に。

スタートページをクリアなものに。

ブラウザを立ち上げた時に最初に表示されるページを「スタートページ」と言います。これを空白のページにしてしまいましょう、というお話。

ブラウザの設定画面で起動時に開くページを指定できます。URL欄が表示されている個所に「about:blank」と入力をして保存するだけ。本当に真っ白なページが表示されました。

自分はどこから寄り道をするのか。

  • ブックマーク
  • メールマガジン、SNS
  • 開くタブは一つだけ

何かに誘導されてふらふらとそのページを見にいくのではなく、自分が見たいと思うものだけを見に行く、 というスタンスを意識することが必要なんだろうな、と実感中なう。

そう、常に自分が何を見たいのかを明確にすること。

寄り道をするための障害を増やす。

  • ログインが必要なサイトは必ず最後にログアウトする。
  • スマートフォンのアプリは最小限に。

そしてネットから離れる時間を何に費やすか。

わたしの場合は以下。

  • 家の中をすべて磨く。
  • 何度でもクローゼットの整理。
  • ヘアバンドを作る。
  • ヨガ、ストレッチ、マッサージ。
  • ウォーキング。
  • 新しい料理を自分の頭で考える。
  • お金の勉強をする。
  • 出かける。
  • シンプルリストを作る。
  • お裁縫をする。
  • 大人の塗り絵。

ここはもう少し具体的に記載をされています。キーワードはそれをしてもネットで披露する必要のないもの。

そして、何かを読んだり聞いたりするインプットの快楽ではなく、自分で何かをする、生み出すアウトプットの快楽を増やしましょう!

そしてやっぱり根性論。

最後は意思の力がモノを言います。

わたしの黒ネットは何か明確に理解したうえで、それとどのように付き合うのか、もしくは付き合わないのか、習慣という名の誘惑を以下に断ち切るか、そこはもう各自で各自なりのやり方で乗り越えましょう!という感じ。

痩せたい人は必要以上に食べてはいかないし、ある程度の運動はしないといけません。節ネットしたい人もそれと同じです。決意を実現するためにどういう状況を作ったらいいか考え、試行錯誤していきましょう。

【上級】白ネットにも対策を。

楽しい&ためになるサイトにも対策を練りましょう。著者はいろいろとオススメしてくださっています。

  • 形を変えて保存しオフライン上で見る。
  • 慣れ親しんだスタイルで見ない。
  • まずは1日我慢する。

などなど。が、ちょっとあんまりピンっとこなくてですね(・・;)

個人的にはこのあたりになると強固な精神論&持続性が必要なんだろうと思います。

認める、わたしはネット中毒。

自覚はしていたけれど、よりはっきりと自覚するきっかけになりました。

特に下記の下りにはハッとさせられました。

自 分自身がネット中毒者のくせに自分が見ないタイプのネット(たとえばわたしの場合、ネットゲームはまったくしません)にどっぷりとはまっている人を見ると 「ネット中毒だなぁ」と自分のことを全力で棚に上げて、どこか冷めた目で見てしまうのです。そして、「わたしも他人から見ればそうなんだ」とハッとしま す。

わたしもネットゲームはもちろん、ゲームの類は一切しません。

が、友人の中には週末になると金曜の夜から月曜の朝までゲーム漬けという子もいます。彼女のことを他人事のように眺めていましたがやっていることが違うだけでネットに向かっているという意味では同じなんだよね。

節ネット、デジタルデトックスなんでもいいけれど、ネットと向き合う時間を考えるきっかけになりました。

ありがとうございます!

ここで買えるよ。

ちなみにわたしは 楽天市場のKobo で購入しました。ちょっとお安くなる&ポイントがつくでやられちゃったのよー。

【楽天市場】節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す
【Amazon】節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す

【おまけ】フェイスブックは友人同士の血で血を洗うシノギの削りあい!?

高 級レストランで おいしいものを食べたの、仕事がこんなにうまくいったの、愉快な友達が大勢いて毎週末大騒ぎなの、わたしの子供ってこんなに可愛いの、幸せな結婚生活を 送っているの・・・これらは本来胃、面と向かって話すには高度なテクニックが要求される、上級かつデリケートな話題、要するに「自慢」です。

フェイスブックでは「内輪に送るものだから」と、「特定のひとりに送るものではないから」という、よく考えれば、相反する二つの大義名分と闘争心によって、こうした話題に対するタガが外れすぎています。

友達同士で「リア充」を競い合う、壮絶なシノギ・・・恐ろしや。あ、ちなみにわたし、Facebookはやっておりませぬのでこの当たりは想像で補っていま す。かって、mixiをやっていたけれど、あれみたいなものかなぁ、と。mixiでうんざりしたわたしにFacebookは無理でしょうね~笑

しかも、Facebookではのシノギはこれだけじゃありません。コメントや「いいね!」にも及ぶとのこと。

共通の友人Aさん・Bさんがいて、Aさんはわたしの投稿には「いいね!」すらしないのに、Bさんの食いかけの飯の写真にはいつも暑いコメント残しているなど、友人関係の順位が露骨に分かってしまう切なさは、じわじわと骨身に染みました。

ひょー・・・ひょー・・・

恐ろしい。

Facebookを見ながらこんなことを頭によぎらせているようなら、それは間違いなく心を蝕む黒ネットね!どうせなら相関図を作ってみては?と自虐的な提案をされていますが、それも怖い・・・

で、その後に「いいね!」をいかにして獲得するか書かれているのですがわたしには死んでも無理です・・・そもそもの血中ホステス濃度が低いしね~(・・;)なので、Facebookの土俵には今後もあがらないでしょう。それがはっきりと認識できただけでもよかった~

追記、大人のぬり絵は節ネットにかなりいい。

2016年1月、管理人は唐突に大人の塗り絵にハマりました。

これって節ネットにかなり向いていると思います。頭を空っぽにして黙々と色を塗る作業が。インターネットの代わりに夢中になれるものがなかなか見つからない場合、是非、いかがでしょうか?

ブログも立ち上げました!

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まぁこ より:

    えーと、私もネット中毒だなぁー・・・。
    私も節ネットしようと思いま!
    つい、リンクにリンクを重ねちゃいますよね・・・・

    最近はAmazonマーケットプレイスで自分の本がじゃんじゃん売れて、
    ついつい楽しくなってしまっています・・・。
    これはいいのか悪いのか・・・。

    ユキさんのブログはいつも「生活を改めよう!」と思わせて下さって、
    どうもありがとうございます!(変な日本語・・・)

  2. ワタノユキ より:

    まぁこさん

    まぁこさんがネット中毒のイメージはありませんでした。庭仕事&家事にいそしんでおられるイメージ。
    マーケットプレイスで本がじゃんじゃん売れるなんてうらやましー売れるときは一気にいきますよねー
    わたしは今、落ち着いちゃってなんだか寂しいわ。。。

    生活を改めよう!という決意だけはいいのですが、長続きしないという・・・
    お互いに頑張りましょう!

  3. 思い当たる節、大ありです^^
    テレビにシフトしようかな。
    すごく参考になりました。

    応援しておきました。ポチッ

    • ワタノユキ より:

      矢田@医療職兼業トレーダーさん
      FXをやっているとどうしてもそうなるんでしょうね~
      株をやっている我が父上殿も9時~3時まではパソコンの前を動きませぬ(・・;)
      テレビにシフトもダメだそうですよ~
      何かを生み出す喜びを得るといいそうです!