わたしの想像を超えた人生のありかた、13歳で結婚、14歳で出産。

Amazonで注文した商品が到着すると同時に、こんなチラシが同封されていました。

プランジャパン

この言葉を見るといつも胸が痛んでいました。

13歳で結婚。

14歳で出産。

恋は、まだ知らない。

33歳で結婚。

出産はしていない。

恋みたいなものはそれなりに。

そんなおばさんから見ると13歳で・・・14歳で・・・何よりも恋をしたことが無いのに13歳で結婚とは・・・と暗澹たる気持ちに。

この機会にプランジャパンに申し込みをしました。

スポンサーリンク

世界の子供たちのための支援 プラン・ジャパン。

hand-212810_1280

  • 「プラン」の誕生は1937年。75年の歴史があります。
  • 「プラン」は国連に公認・登録された、非営利の民間団体です。
  • 「プラン」の目標は、すべての子どもたちが能力を最大限に発揮できる世界の実現です。
  • いま、途上国51カ国で活動しています。
  • 現地の子どもたちとともに、生活環境改善のための地域開発プロジェクトを行います。
  • プロジェクトには病院や学校の建設、井戸の掘削などがあります。
  • 最終的には住民が自立し、地域の問題が抜本的に解決することを目指します。
  • 日本では約6万人の支援者と、約700人のボランティアに支えられています。

 公式サイト  http://www.plan-japan.org/kodomo/

寄付のパターンとしては大きく2種類あります。

  • 特定の子供への寄付
  • その他の寄付

特定の子供への寄付は子供が成長するまで寄付すること、文通などで交流があることなど、いろいろと大変そうなイメージ(詳細はこちらにて確認)。生半可な気持ちでは続けられません。

その他の寄付は毎月継続して行うもの、そして、1回限りの寄付に分かれます。

わたしは毎月継続して寄付を行うプランに申し込みをすることに(プラン・マンスリー・サポーター)。

プラン・マンスリー・サポーターについて。

子どもたちが直面する「5つの社会問題」の解決に。

取り組むテーマは5つ、●ストリート・チルドレンと働く子どもたち、●虐待、●紛争や災害、●障がい、 ●HIVとエイズ。途上国の子どもたちが直面する社会問題の解決に特化した、プラン・ジャパン独自の支援方法です。ほかのプロジェクトと同様「子どもの視 点と意見を中心に据え、子どもとともに進める」という視点で実施しています。

寄付金額:月々1000円から(一口1000円)ご支援いただけます
対象プロジェクト:下記の5つのテーマにそった10~15のプロジェクト

マンスリー・サポーターになると
支援者の声

マンスリー・サポーターになられた方には以下をお届けしています。

活動報告書(年2回)
プラン・ニュース(機関誌・年3回)
年次報告書(機関誌・年1回)
最新情報メールマガジン

http://www.plan-japan.org/join/monthly/

振込はクレジットカード or 銀行引き落としになります。我が家はクレジットカードを選択しました。

プランジャパン_2

申し込みを完了した時、スッキリと。

これですべてが解決するとは思っていません。

が、わたしが寄付した、そのお金で誰かが幸せになることを胸に思い描きます。

子供は幸せであることが仕事。

プランジャパンサポーター
思えば、わたしの子供時代は幸せでした。

同じ幸せが全ての子供に訪れることを願ってやみません。日本のみならず、世界中の子供たちが幸せで過ごせますように、と願ってやみません。

※プラン・ジャパンでは現在、ネパールでの震災に関する寄付も受け付けておられます。

 公式サイト  http://www.plan-japan.org/kodomo/

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡