悩ましき人間関係

お酒の場、女友達と割り勘をする時、微妙な気持ちを抱くわたし

投稿日:2014年10月7日 更新日:

お酒

先日、友人とお酒の場へ。

しかし、わたしはまったくお酒を飲みません。

「健康のため!」というよりも元々お酒が強くないので、いつの間にかお酒を飲まなくなったという感じですね。今、飲むとものすごく酔いが回りそうで怖いな、と思ってますます飲まなくなりました。

が、それはあくまでもわたしの事情であり、わたしが飲まなくなっただけ。

一緒に食事をする相手にまで「お酒を飲むな!」という考えを押し付ける気は毛頭ありません。なので、食事を共にした友人がお酒を飲むのは構わないのです。ええ、どうぞ飲んでください、と思います。

が、お会計の時にきっちりと割り勘になるといつも微妙な気持ちに・・・トホホ。

  • わたし → まったくお酒を飲んでいない。飲み物は店のフリーの温かいお茶で済ます。
  • 友人 → 今回はビール、酎ハイなど4杯。

友人も昔に比べるとお酒が弱くなったのか量を控えるように。

昔はわたしもちょこっと飲み、酒豪の友人はそれこそ浴びるように、二人で飲むと結構な金額に。が、その時は良かったのです、わたしも飲んでいたし、頭がふわふわとしていました。独身の身軽さもあり、支払いも軽やか。わたしもさーっと会計を済ませました。

が、いつの間にかわたしはまったく飲まなくなり、素面の状態で会計に向かうと「・・・」という気分に。

どう考えても友人のお酒に1,500円以上は費やされているはずなのに、それも「きっちりと割り勘!?」と微妙な気持ちになっちゃいます。

これを何度も繰り返しているのです。

そんなに気になるなら、一緒の食事をやめればいいだけの話なんですが、何故か会ってしまう、という。そして、モヤモヤと。

でも、そういう関係の女友達っていませんか?

女友達との割り勘に納得できない

女友達 イメージ画像

そう、「お酒を飲む女友達の割り勘」その話を愚痴がてらに別の飲まない友人にしたところ・・・

「その彼女、おかずとかご飯とかは食べる?」

と指摘され、ハッとしました。

確かに彼女は食事の量は少なく、たまにつまむ程度。基本的に右手にはお酒のグラスがあり、箸を持つことはまれ。そういう意味で食事を食べている割合でいうとわたしのほうが多いのかもしれません。が、そもそも、わたしは小食で彼女の何倍も食べているわけではなく・・・

彼女が水のように飲むお酒のほうが金額として多いと思うのですが・・・と毎回、微妙な気持ちになります。でも、彼女的にはそういうもんだ、と思っているんでしょうね。

「わたし呑む、ワタノさんは食べる。これでイーブン」だと。

そう考えるとそういう見方もあるのかも・・・でも、モヤモヤ。

わたしが大食いなら、それでイーブンになるかもしれないのですが、わたしは小食なんですよねwww

結局、どうすればいいのか

一度でもいい。

「わたし、お酒を飲んだ量が多いから、ここは少し多めに出すね」と言ってくれたら、わたしも「いいよーお互い様だよ」とかかんとかでそれなりにすっきりとお金を出すと思うのですが・・・それとも若い頃にそんなやり取りをしたのをもう忘れているのかなぁ・・・

いつも会計時に財布を開きながら、わたしは微妙な気持ちになりますの。

一方、今回の件を相談した別の友人はは若い頃から一滴も飲みません。飲んでいるところを見たことがありません。なので悟りを開いているのか、

「まぁ、でも、気持ちはわかるけれど、相手が飲んだ分だけこっちは食べてやるーで割り切ることにした」とサバサバと。

なんだかまぶしい存在ですこと。

女友達との割り勘は1円単位できっちりとする

現在は女友達と割り勘時の金額はきっちりと。1円単位まできっちりとします。

「後々、損した、とか嫌な気持ちを抱くぐらいなら」ときっちりと計算をして、きっちりと割り勘をします。「ケチ」とか「細かい」とか言われようがきっちりと割り勘に。それが女友達と長く友情を保つ秘訣だと思いますの。

でも、そんなわたくしも「あなたのお酒代、払ってくれないかしら・・・」と言えないとはこはいかに!?

スマートに伝える方法があればいいのでしょうが、今更という気持ちもどこかにあったりします。

多分、今後もうじうじとしながら財布を開くのでしょう。

ワタノユキ

マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡

-悩ましき人間関係

Copyright© わたしの日常 - 豊かな実りある生活を目指してあがく主婦の日常 , 2018 All Rights Reserved.