コンパクトな暮らし

新型コロナウイルス肺炎のパンデミックにより生じた生活習慣の変化を考える

2020年4月13日

新型コロナウイルス肺炎のパンデミックにより生じた生活習慣の変化

中国武漢発の新型コロナウイルス肺炎が恐ろしい勢いで世界中に猛威を振るっています。

そんな中、夫婦二人の家庭で生じた習慣の変化を紹介したいと思います。

わたしの場合、全体的に神経質になり、かつ、怒りっぽくなったような気がします。

夫は妙に悟りを開いて達観している様子を見せつつも、精神的にも肉体的にも疲労がたまってきている様子。

管理人
ところで…欧米ではキスやハグがなくなった。また、マスクをつけるようになった、という習慣変化がありましたね。そういう意味ではこのパンデミックは欧米のアイデンティティに大きな変化をもたらしそう…

生活の変化 抗菌、抗菌、ひたすら抗菌

マスクと手袋

神経質になりましたね…目に見えないコロナウイルスとやらにおびえる日々です。

外出時は常にマスク、マスク

外出時は常にマスクをしています。

元々花粉症でしたのでマスク生活には慣れていました。が、ここまで徹底してマスクライフを追求するのは今年が初めてでしょう。

むしろ、今は外でマスクを外すのが怖いとすら感じてしまい、外すことができません…

参考マスク狂騒曲、新型肺炎の影響でマスクがない?ならば洗おう、自作マスクを作ろう作戦

玄関にアルコール消毒を設置、帰宅後の手洗い・うがい必須

玄関にアルコール消毒スプレー(パストリーゼ)を設置しており、帰宅後はそれを使って手や洋服、バッグを消毒しています。

パストリーゼを愛用していましたが、そろそろストックも切れそうなので楽天市場で以下を購入しました。

また、もう売り切れてしまいましたが、アルコール消毒の節約もかねてアルコールハンドジェルも楽天市場で予約購入しました。

わたしはパンデミックの終焉が年内にくるかどうか疑っています。

長期戦を覚悟して上記を高いなーと思いながら購入しました。

管理人
また外出時はアルコール消毒や液体石鹸を持ち歩くようになりました。とにかく手指の消毒には気を使うように…

常に綿の手袋をするようになった & 爪をまめに整える

上記の理由により、やたらと手を洗う頻度やアルコール消毒をする頻度が増え、手がやたらと乾燥を覚えます。

結果、家の中でも外出時にもハンドクリームを塗って、綿手袋をはめているようになりました。保湿とコロナ対策に。

綿の手袋をしたままではレジでの支払いなど不便な時もありますが、安心感を採用しました。帰宅後は速やかに手袋を外し、アルコール消毒後、石鹸で洗っています…で、またハンドクリームを塗り、新しい手袋をつける、と。

そして、爪の間に菌がたまりやすい、とのことでまめに爪を整えるように、そう、短くね。

管理人
まぁ、おかげで手が荒れているのか潤っているのかよく分からないものです…

参考主婦が美しい手を保つ方法 → 365日、地道にお手入れした結果「美は1日にしてならず」

体温計測 & 味をかみしめる & 精油の匂いをチェック

現在、夫の会社から毎朝の体温計測が義務付けられています。というわけで夫婦ともに朝晩、計測するようになりました。

北海道の方で初期に新型コロナウイルス肺炎にかかった女性の方が「精油の匂いも全く感じなくなっていた」と話されていたのが印象的で、以来、わたしもマメに精油のボトルを鼻に近づけて嗅いでいます。

また、何かを口にするときは味があるかどうかを気にするようになりました。

ネットスーパーの利用を開始

在宅ワークということもあり、運動もかねてウォーキングがてらまめに買い物をしていました。

が、今後のことも考えて、ネットスーパーの利用を開始。

管理人
また、逆説的ですが、地元の買い物に目を向けるようになりましたね。外食をしない代わりに地元でできるテイクアウトものを利用するようになりました。

心理的な変化 神経質、かつ怒りっぽく

イメージ画像

想像がつくかと思いますが、やや神経質になってきています。

外出先でマスクやアルコール消毒を見つけると嬉しくなる

今は買い物以外、ほぼ外出をしていないのですが、最近はたまに薬局でマスクやアルコール消毒を見つけるようになりました。

その時、自分でも驚くほど喜びと幸せを感じて入手したものです。

管理人
それだけ先が見えない状況だということでしょうか。とりあえず、見つけたら1個だけ買うというのを実施しています。

実家に帰るのが怖い

実家に帰るのが怖いです…

実家の両親や弟家族が感染している可能性もありますが、こちらは基本的に生活を奈良県内で完結させています。それ以上に大阪へ通勤している夫がいるわたしのほうがヤバいような気がします。

とりあえず、GW明けまでは会わないことを決めていますが、様子を見てもっと伸ばす可能性がありますね。

癒しの習慣が…映画や読書が純粋に楽しめない

わたしの癒しの習慣が失われつつあります。

特に、その映画や本にヨーロッパやアメリカの都市が出てくるともうダメですね…具体的に都市名が記載されると、「ああ、ここは今、パンデミックが…」と想像してしまい、心が沈んでいきます。

また、わたしは漫画『鬼滅の刃』にはまっているのですが、『鬼滅の刃』もパンデミックの影響を受けてジャンプの休刊、単行本の発売の延期…ともろに影響を被っています。

以前はわたしの心の癒しの習慣だったモノたちが純粋に楽しめない悲しさと悔しさと怒りをどこにぶつければいいのでしょうか。

というわけで次に続きます。

いきなり政治と経済に目覚める

自分でも驚くほど政治と経済に敏感になりました。

想定以上の投資の損失を出したこと、そして、居住地である奈良県の荒井知事のぼんくらさに腹が立ち、キーっと怒り、怒りを発露するための twitter アカウントをこっそりと立ち上げました。

まぁはかどります…

悲しいことに嫌というほどはかどり、かつ、RTやいいねの数が半端ないのでますますはかどります(笑)これがなかなか楽しいのです。←汗

というわけで新しい趣味が発掘されました…

管理人
そして、増幅されていく中国共産党への怒り。本当に怒りしかなく、理性がちっとも働かない、という体たらく。コロナ終息後の中国の覇権は何としてでも阻止したいもの。

時が経てば、また落ち着くかもしれませんし、考えも気持ちも変わるかもしれません。

でも、中国共産党と中国に対して生じた怒りは永遠に忘れ難いものとなるでしょう。

お金の変化 財布の紐を引き締めにかかる

小銭貯金 ちりつも

結論として、我が家の場合、お金に関して大きな変化はありません。

勤務体系や収入の変化は? → 我が家は特にない

管理人
夫は緊急事態宣言が出ても休業要請の対象外に入る業種で働いています。現在、むちゃくちゃ忙しいです。デスクワークですが在宅は非現実的ですので、このまま人が減っていくのを見ながら大阪へ通勤するでしょう…汗

結果、幸い、我が家は大きな痛手を受ける予定はありません。

在宅ワークのわたしも大きな減収はなく、むしろ増収気味です。喜ばしいことなのでしょうが、心がまったく安らぎません…

とはいえ、今回のパンデミックにより、夫婦ともに先行きの不透明感はいかんともしがたく、今の内に貯蓄と投資に励むぞ!ということしか考えていません。

出費の変化は無し、むしろ節約傾向に

管理人
不安にかられて日持ちのする食料品やアルコール消毒、マスクなどを探し求めた時期もありましたが、現在は全体的に抑制気味の傾向があります。

お子さんがいる家庭や在宅勤務になった家庭は食費や電気代や水道代が跳ね上がっていく可能性が高いでしょう。

しかし、我が家は特に変化がなく、むしろ、節約気味に抑えられています。

無駄な外出はほぼなくなり、結果、外食もゼロに近くなりました。そうすると、それに伴う諸々の出費や衣服費なども抑制されて節約につながったような気がします。

己の生活を振り返ってみると、「これは経済が回らなくなる予感しかないな…」と感じます(汗)が、無駄は支出はできるだけ避けたいですね…

確定申告を終えたら、外へ働きに行きたいと思っていたが…

いろいろと思うところがあり、確定申告が終えたら外へ働きに行きたいと思っていました。

今でも求人があるところはあるし、働きに行けばいいのかと思います。が、万が一を考えるとなかなか動けませんね…今は感染リスクをできるだけ減らすことがわたしの役目なのかな、と思っています。

当面は家でおとなしく過ごすことにします。

管理人
でも、今、家で一人でいると窒息しそうなのよね…!気持ちは理屈をつけて外に出たい、でも、理性は時期を見ろ、と告げているところです。

さて、皆さまもパンデミックの影響を受けて変わったこと、変わらざるを得なかったことがあるでしょう…

それでも日常生活は続くもの。

大きな辛いことがあった後には少なからず喜びがあると信じて頑張りましょうね…!!!

防災のプロが厳選した13点の防災グッズ~OTE (On The Exit)~

ワタノユキ

マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる もよろしく♡

-コンパクトな暮らし
-

Copyright© わたしの日常 - 豊かな実りある生活を目指してあがく主婦の日常 , 2020 All Rights Reserved.