体を整える

太って分かったこと、気づいたこと「どうしよう、奥さん、体重増加が止まらないんですが」

2020年7月3日

太って分かったこと、気づいたこと「どうしよう、奥さん、体重増加が止まらないんですが」

太りました。

コロナ自粛以前から体重は増加傾向にあり、自粛に入るや否やみるみるうちに太っていきました。

体重計の針が55キログラムを指した頃から危機感を覚え、ダイエットのためにちょっとだけ激しい運動をしたら、腰と股関節を痛めました。…解せぬ。

というわけで現在はゆるーくヨガで腰と股関節の可動域を広げるべくストレッチしています。

参考B-Life の簡単ヨガ動画のお気に入りを整理、体が硬くてもできる【個人的メモ】 ※別ブログへ飛びます。

さて、人生で初めて「55キログラムという体重」を目にし、分かったこと、気づいたことがいろいろとあります。

管理人
人間、その場に立ってみないと見えないことがありますね…遠い目

人生で初めて危機感を覚えるほど太って分かったこと、気づいたこと

さて、太って分かったこと、気づいたことを紹介していきます。

脂肪は気づかない間に増えていく

ダイエット イメージ

若い頃のわたしは太りませんでした。自慢じゃありません、事実です(ドヤッ)

太っても学生時代の52キログラムぐらいで、そして、何もしていないのにあっという間に痩せました。そう、20代、30代、40代初めのわたしは常にスリムでした。

ダイエットー!とか叫んでいてもそれはなんだろう、一種の様式美みたいなものでした。ファッションでした。女たるものとりあえず、ダイエットしとかなきゃね、と。

そのイメージのまま40代半ば、食べると脂肪が勝手についてきました。びっくりしました。そして、脂肪がどんどんと増えていく、と。そして、その脂肪はとれない、と。素晴らしいコラージュ(?)です。

現在のわたしの場合、お腹周りと太ももがヤバいです。完全な中年太りです。セルライトとお友達です。

体が重みに慣れていない

これはヤバい!と危機感を覚え、ダイエットを開始しました。

これはすぐに痩せないと!とビリー隊長ばりに激しい運動をしますと、当然ながら思うように動けません。

反射神経の鈍さもさりことながら、体の硬さも半端なく、かつ、体が重たい。物理的な意味で重たい。

いつの間にこんなに重量が?

結果、冒頭に記載しように、なんだか腰と股関節がいけていないことになりました。

すわ、病院か!?と頭をよぎりましたが、薬局の湿布とアイハーブで購入したマグネシウムオイルで痛みは和らぎました。

実感しました。

わたしの体は急激な脂肪の増加に慣れていないのだ、と。

参考ライフフロー( Life-flo )のマグネシウムオイルの使い方は?膝や腰、肩の痛みを解消、顔にも使ってみたら? ※別ブログへ飛びます。

運動と食生活改善を頑張っても、すぐには痩せない

ダイエット イメージ

腰と股関節を痛めるまで運動を頑張ったのに脂肪は1ミクロンたりとも減っていません。

むしろ、腰と股関節を痛めた結果、養生生活に入り、食っちゃ寝食っちゃ寝が続き、ますます太っていく…このままでは60キログラムも目前!?という体たらくに。

そして、間食を抜いてみました。が、こちらも1ミクロンとも痩せません。

現在はヨガをせっせとやって体の柔軟性を高めていますが、そう簡単には痩せませんね…負荷が足りないのでしょう。遠い目。

管理人
ああ、わたしはダイエットを舐めていました…

ダブダブだった洋服がいい塩梅になる

細かった頃に購入した洋服。

ちょっと大きいけれど、楽ちんだからいいわ、と来ていた洋服が思いがけないほどぴったりになりました。あら、素晴らしい。

そうよ、洋服はやはりフィットするほうがいいわよね、と一人納得させる始末。

逆に細すぎる洋服はややきついですね…遠い目。

デブの巨乳にありがたみゼロ

管理人はもともと胸のサイズが大きい方で、中学生の頃からFカップ(涙)。

太ってそれがきつくなり、計測し直すとGカップに。あら、胸のサイズアップ?…まったく喜べません。

そう、昔は細身の体格にFカップでラインがキレイに出ていたのに、今や小太りのGカップという現実。

そして、たたでさえ、胸でかい、重たい、汗疹、肩こり、邪魔…と思っていたのに、胸が大きくなってますます鬱陶しくなりました。

もうブラジャーを買い換えるとかありえませんので(痩せるから、絶対に痩せるから、サイズダウンするから!)、Fカップブラに無理やり押し込んでいますが、明らかにはみ出していますね…(;´д`)トホホ

ただでさえ太り、そこへ胸が大きくなると本当に「貴様はデブだー!」という匂いがプンプンしています…

管理人
頑張ってFカップに戻します…なんならEカップでもいいです…小さくしたいです…

お肌に張りが出た!頬のこけが消えた

ダイエット イメージ

数年前までわたし(つまり、痩せていた頃のわたし…)は頬のこけに悩んでいる時期がありました。

そのこけゆえにどんなに華やかにメイクをしてもどうしても貧相に見える、と。

それが今やバーンっとしたムチムチの真ん丸の顔でこけは綺麗に消え、かつ、皮膚に張りが出て、毛穴やほうれい線、目じりの皺もバーンとはじけ飛び、なんだかいい感じになってきたかもー!と一人かなり喜んでいます。

メイクがはかどる、はかどる(笑)結果、色物コスメばっかり買っています…汗

確かに太っている人ってお肌が綺麗な人多いよね!と。

そう、顔が丸くなったという事実以外は満足しています。

尊敬しかない!実際に痩せた、世のダイエッターはすごい

ダイエット イメージ

ここ数年、ダイエットしなきゃーと言いながらもいまいち真剣味が足りないつぶやきでした。

現在は違います。

本気と書いてマジと読むダイエットです。ガチのダイエット。

いざ自分がその立場になってみると、本当に痩せないという事実に愕然としました。

そして、今までテレビとかのダイエット番組を見ながら「80キロが10キロ痩せてもねーまだ70キロじゃん」と謎の上から目線で見ていた自分を張り倒したい…!

ようやく分かりました。

あなたたちは本物のファイターですね!と。尊敬します。

今ならこう叫びます、「すごい、10キロも痩せたの!秘訣を教えて!」と。

若い頃のわたしは自分が太ると思っていなかった

若い頃のわたしは太ると思っていませんでした。

傲慢でした。若さゆえの傲慢さと愚かさ。

もともとそんなに食べるほうでもなかったということ、ストレスがかかるとすぐに体重を落とすこと(何度か40キログラムを切りそうになりました)、何よりも母が43~45キログラムであることがわたしの心の支えでした。

すべて過ちでした。壮大な勘違いでした。

認めます、わたしは太りました。

…考えてみれば、わたしは父方の血を強く引いていると言われており、父方の伯母は…確かに小太りだわ…

管理人
我が家は主人が細いんです…身長180ちょいで体重62~63キログラムの痩せに近い細身体型なので並ぶとヤバいんです…切実

目標は50キログラムを切ること

ダイエット イメージ

現在の目標はまず50キログラムを切ること。

具体的な数値としては47〜49キログラムでしょうか。年内を考えています。肌に張りがあった若い頃はいざ知らず、40代半ばで45キログラムとかはまったく現実的じゃありません。

頬がコケるのは本当に嫌なんです…管理人はどちらかというとタレ目のたぬき顔ですので、頬のコケをどのように処理したらいいのかわかりません。キツネ顔の美人ならいざ知らず、たぬき顔の童顔ではどう考えても無理です…やつれてしか見えません…(管理人の偏見です)

というわけで頑張ってまずは49キロ台を目指します…!

まずは体を柔らかくして、関節を動けるようにして、筋トレに頑張ります…!食事の管理も多分、頑張ります…!体重測定もできるだけ頑張ります…!

コミュ障の管理人は周囲に人がいるところで運動するのは苦手なので、家で頑張ります…!

…ああ、年末にいい報告ができますように・

ダイエットに向けてこの本を読みました…!結局は「生活習慣」と「意識付け」ですよね、と学びました。

ワタノユキ

マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる もよろしく♡

-体を整える
-

Copyright© わたしの日常 - 豊かな実りある生活を目指してあがく主婦の日常 , 2020 All Rights Reserved.