スポンサーリンク

電話に出る前に相手を確認できる「自動聞いてから応答」は意外と不便。

先日、高齢の親のために振り込め詐欺撃退!とばかりに購入した電話機。

〔参考〕振り込め詐欺撃退!高齢の親のためにシャープデジタルコードレス電話機(JD-AT80CL)購入。

が、実際に使ってみると便利なような不便な様子。

まず、実際に使ってみて良かったこととして・・・「0120」や「0800」などのフリーダイヤルを一括拒否できること。これは本当に助かっているみたいで機能として良かったですね。

その一方でわたしたちが「すごいなぁ」「便利だなぁ」と思った機能、電話に出る前に相手を確認できる「自動聞いてから応答」は便利なようで不便な様子。

「自動聞いてから応答」とは?

我が家が購入した電話機はシャープの製品。

この電話機には振り込め詐欺撃退として「自動聞いてから応答」がついています。

メーカー元サイトによりますと「自動聞いてから応答」とは・・・

相手に名前を名乗るようにメッセージを流し、相手を確認してから電話に出ることができます。ナンバー・ディスプレイ契約時なら、番号登録者にはメッセージを流しません。

電話機に登録をしていない見知らぬ番号から電話がかかってくると・・・

「ただいま、振り込め詐欺対策モードになっています。この通話を録音します。呼び出しますので恐れ入りますがあなたの名前をおっしゃってください」

とテープが流れます。その指示に従って名乗ってくれた相手の名前を確認後、受話器をとるか、とらないか選択できるというもの。

この機能を知ったときに「すごいなぁ、何て便利なんだろう!」と感動をしたもの。

が、実際に「自動聞いてから応答」を使ってみると。

振り込め詐欺

使い始めた当初、両親はこの「自動聞いてから応答」に感動していました。「すごいなぁ」と。

が、いざ使い始めるといろいろと不便が。

まず「自動聞いてから応答」の初期設定としては発信音2回でメッセージが流れる仕組みになっていたようで、遠くにいる時など慌てて電話機の元へ戻る羽目になり逆に危険!とのこと。

確かに常に電話機のそばにいるわけでもないですものね。そう考えると危険かもしれない、と認識し、発信音を2回から5回に設定し直しました。

しかし、それでも「自動聞いてから応答」に対する両親の不安と不満はつきなかったようで、ついに設定を解除。また、これらの一連の設定の変更や解除に関しては年配の両親だけではできないことも判明!

今回、購入した電話機(シャープのJD-AT80CL)は振り込め詐欺撃退として機能は素晴らしいと思いますし、発想も素晴らしいと思います。わたしたちは感動しました。これで安心だわ、と。それは両親も同じ。

が、実際のところ、80手前の高齢の両親たちでは設定変更も解除もできない設定はどうなのかなぁ、と思ったり思わなかったり。ま、そのたびに呼び出されてイライラしたわたしたちの不満かもしれませんが。

わたし達からすると設定そのものはさほど難しくなかったりするんですがね・・・そう、むしろ簡単だと思うのですが、両親にはなかなか理解できない様子。

こればっかりは使ってみないと分からないものですね。

とはいえ。

冒頭に書きましたように、フリーダイヤルの撃退ができることはかなり大きかったようで、日中かかってくる電話の本数そのものが減りました。

また、その他の機能も高齢の両親にとってはあると安心できるものであることは間違いありません。

後はじっくりと両親が使い方に慣れることを願います。

そして、落ち着いた頃にもう一度、「自動聞いてから応答」の設定を検討しようと。

この記事がこれから買われる方の参考になれば幸いです。

追記・交換してもらいました。

不具合が発生しまして・・・交換となりました(^^;

〔参考〕振り込め詐欺撃退の電話機(JD-AT80CL)を購入したけれど不具合連発→交換。

あまりにもいろいろと機能があると面倒くさいなーと思ったわたしなのでした。

難しいですね。。。

振り込め詐欺撃退には最強だと思うのですが、そこに至るまでが・・・

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク