余命宣告はあっさりと唐突に告げられる。そして、それから3か月後のお話を追記。

2017年1月30日。

「1年はもちません。3~4ヶ月、もって半年。」

父の余命宣告はあっさりと唐突でした。医者は普通の顔をしてわたしと母に告げました。

医者が何を言っているのか咄嗟に理解できませんでした。涙がにじむ暇もありませんでした。

余命宣告ってこんなにあっさりと唐突に告げられるものなのか。

家族にとっては衝撃だけれど、医者にとってはそれが日常なのか、とかどうでもいいことを考えてしまった。

わたしは何をしたらいいのだろう。

わたしは父に何ができるのだろうか。

ただただ呆然としているわたしがいます。

スポンサーリンク

それから3カ月たった後、父は抗がん剤治療に入りました。

あの時の余命宣告は何だったのだろう、という日々を過ごしています。

父は癌です。小細胞肺癌。

連休前から抗がん剤治療に入りました。抗がん剤治療は個人差があるようですが、今のところ父は比較的元気で落ち着いています。

そして、父の余命は分からなくなりました。

父の小細胞肺癌は消えることはないそう。現在、行っている抗がん剤治療はただ癌の進行を遅らせる、というもの。

抗がん剤治療がうまくいけば長く生きられるかもしれないし、うまくいかなければ1か月後に亡くなっているかもしれない世界。

医者も分からないのでしょう。

いろいろと書いていないことがあります。いろいろなことが落ち着いたら、また振り返るようにして書きたいと思っています。

今はただ、「医者の余命宣告がすべてじゃない」とだけ書いておきます。

余命宣告をされても希望を失わないでください、と。医者は万能じゃない、と。

人生の最後を迎えるときどう過ごしたいのか?終末期医療について考える。

人生の最後を迎えるときどう過ごしたいのか?終末期医療について考える。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡