趣味

『モーリス 4K』パブリックスクール好きの全腐女子(貴腐人含む)に熱烈絶賛オススメしたい名作BL映画(違う)

投稿日:

映画 モーリス 4K

出典:http://cinemakadokawa.jp/maurice/

今年90歳になるジェームズ・アイヴォリーが脚本家として関わった映画『君の名前で僕を呼んで』が公開されました。

この作品において、ジェームズ・アイヴォリーはアカデミー賞史上最年長の受賞として話題になりましたね。同性愛者を公言しているアイヴォリーらしく、『君の名前で僕を呼んで』は17歳と24歳の青年の初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた作品だそう。

が、それよりもわたしを歓喜させたのはジェームズ・アイヴォリーが監督した『モーリス』が4K無修正版で劇場公開されること・・・!

え、あの『モーリス』が・・・!と激しく興奮しましたことよ。

もちろん、見に行きます!見に行きますとも!!!

映画『モーリス』(1987年制作)

1987年、イギリスにて制作。監督はジェームズ・アイヴォリー。

20世紀初頭、イギリスの名門大学、ケンブリッジ大学で出会った2人の青年モーリスとクライヴが、自身のセクシャリティと恋愛、伝統社会の間で苦悩する様が描かれています。そして、クライブヴは社会に適応し、モーリスは使用人の青年と自身のセクシャリティを解放させていく、と。

モーリスをジェームズ・アイヴォリー、クライヴはヒュー・グランド、使用人の青年アレックをルパート・グレイヴスがそれぞれ演じています。この演技で、ジェームズ・ウィルビーとヒュー・グラントは第44回ベネチア国際映画祭男優賞を受賞しました。

今回は無修正版で上映されるよう。

>>モーリス 4K公式サイト

原作者は現代イギリスを代表する作家、E・M・フォースター

原作者はイギリスの著名の作家、E・M・フォースター。

『モーリス』は同性愛をテーマにしていることで、原作は執筆当時の1914年には出版が許されなかったそう。そのため、フォースターの死後、1971年に出版されました。

E・M・フォースターと言えば『インドへの道』や『ハワーズエンド』、『眺めのいい部屋』があまりにも有名ですね。フォースターの原作は格調高く、なかなか難しいものがありますが、ご安心を。

E・M・フォースターは現代イギリスを代表する作家ですので、いずれも映画化されています。

『インドへの道』は『アラビアのロレンス』で有名なデヴィッド・リーン最後の監督作品。『眺めのいい部屋』と『ハワーズ・エンド』は『モーリス』と同じジェームズ・アイヴォリーが監督しています。また、『眺めのいい部屋』でヘレナ・ボナム=カーター演じるヒロイン(?)の弟役としてルパート・グレイヴスが演じています。

さて、わたしはいまだに『インドへの道』のヒロインを演じたジュディ・デイヴィスのよろめき(?)が理解できません。が、それがあの時代の文明の衝突だったのだろう、と自分を納得させていますが、今尚、謎としてわたしの中で強く残っていますね。

『モーリス 4K』上映期間と上映場所

関西在住のわたしは大阪で見る予定です。

6月9日~6月22日、梅田スカイビルタワーイーストに入っているシネ・リーブル梅田にて上映されます。

その他の上映場所は下記のサイトに確認ください。今後、上映館が増える可能性も大いにあると思います☆

上映場所と上映期間>>『モーリス4K』公式サイト

全腐女子と貴腐人にそそぐ、名作BL映画『モーリス』

わたしが初めて『モーリス』を見たのは懐かしのVHS版。

中学時代だったか高校時代だったのかはっきりと覚えていないのですが、10代であったことは間違いでありません。何故なら、腐女子仲間と熱意を込めて語り合った記憶が鮮明に残っているので(^^;

当時、既に腐っていたわたしは映画『モーリス』の存在を知った時、限りない情熱を込めてTSUTAYAで探し出し、見つけた時は歓喜したもの・・・!

その後、何度か借りては見たものです。が、ここ15年以上は見ていないかもしれませんね~

奈良の片田舎に住んでいたわたしにとって、映画『モーリス』の世界はいろいろとカルチャーショックを受けたもの。

ケンブリッジ大学の学生生活、イギリス貴族の生活、田園風景、20世紀初頭の社会、同性愛者への偏見、すべてが目新しく映ったものです。そして、下世話な好奇心で見た10代のわたしに強い衝撃と余韻を与え、忘れ得ぬ作品となりました。

が、今思うと酷い話なのです。

ヒュー・グランド演じるクライヴがモーリスに恋心を告げ、初心だったモーリスを男同士の恋へ引きずり込みながら、時代の偏見に耐えられずクライヴはモーリスを突き放すことに。そして、さっさと女と結婚をし、安定した地位へ。尚、この二人の間にあったのは主に精神愛でした。

それを見たモーリスは「僕も普通にならなきゃ」と精神科にかかり、懊悩する羽目に。

そんな時にクライヴの家の使用人、アレックに積極的にアタックを受け、肉体的な愛(欲?)に目覚めることに。そんなモーリスを知った元カレのクライヴの態度の酷いこと・・・!しかし、モーリスは自分の道を歩むことを決意します。

そんな世界を作家E・M・フォースターらしい格調高さと衝突で描き出し、かつ、映画監督ジェームズ・アイヴォリーらしい映像美と雰囲気美をこれでもか、これでもかと打ち出してきてひたすらに見ているわたしを懊悩させ、悶えさせたものです。初心な10代には悶絶するほどの美しさでした。

加えて、3人の主要な登場人物の美しいこと・・・!

俳優として若く、美しかった頃の彼らの際立った美青年ぶりがたまらなかったものです。

ちなみに、わたしの一押しはモーリスを演じたジェームズ・ウィルビー

3人とも際立った美青年ですが、当時のわたしが個人的には惚れ込んだジェームズ・ウィルビーでした。

ま、10代のわたしは分かりやすく金髪に弱かったのよーてへぺろ

そして、ヒュー・グランドよりもルパート・グレイヴスの宝石のような美貌が好みでしたことも付け加えておきましょうw

が、その後の活躍は鮮明に別れましたね~

『モーリス』主要キャスト3人のその後、人生は悲喜こもごも

ジェームズ・ウィルビー、ヒュー・グランド、ルパート・グレイヴスその後の3人を紹介します。

あの時代が全盛期だった・・・!ジェームズ・ウィルビー

ちょっと朴訥で騙されやすそうな~青年を描かせたら天下一品だったジェームズ・ウィルビー。

その後、映画『ハンドフル・オブ・ダスト』や『ハワーズ・エンド』にも出演したりしますが、意外とぱっとしませんでしたね~(^^;

あまりにも正統派のイケメンすぎて、個性のなさがあだになったのかしら・・・

現在はテレビを中心に活躍されているようです。テレビドラマ『チャタレイ夫人の恋人』にてチャタレイ卿を演じているのがさもありなん、と思うのはわたしだけでしょうか・・・ああ、ジェームズ・・・

ヒュー様は大スターへの階段を駆け上がった、ヒュー・グランド

一方、いきなり道徳心を説き、酷い裏切り(?)をした元カレ、クライヴを演じたヒュー・グランドはその後、大スターへの階段を駆け上がりました。

途中、ちょっとスキャンダルもありましたが(汗)、大スターの貫録で乗り越えましたね・・・!

そして、わたしはヒュー様の作品は山のように観ました・・・!

大好きな『フォー・ウェディング』や 『ノッティングヒルの恋人』、 『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ、『ラブ・アクチュアリー(※上記写真)』などのラブストーリーものはもちろん、それ以外にも『トゥー・ウィークス・ノーティス』、『日の名残り』、 『アバウト・ア・ボーイ』 、『ラブソングができるまで』 、『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』・・・すべて観ましたことよ!

今でも男として好みかどうかは微妙ですが(汗)、俳優としては大好きですね☆ヒュー様はちょっと頼りないけれど、それでも応援したくなるキュートな男を演じさせたら天下一品!

ルパート・グレイヴスはTVドラマ『シャーロック』のレストレード警部!

今回、調べて知りました・・・!

テレビドラマ『シャーロック』のレストレード警部ですって・・・『シャーロック』見ていたのに、まったく気づいていませんでしたことよー(;´д`)トホホ

Wikipediaを見ていると、ジェームズ・ウィルビーよりはかなり活躍している感じ。イギリスでは主役どころではなくても貴重な脇役俳優なのかしらん?と想像をしています。

上記の動画では50秒ぐらいたったシーンで出てきますw言われてみれば、面影あるわー

ともあれ、映画『君の名前で僕を呼んで』と『モーリス 4K』 が今日から全国各地で順次上映されます・・・!

今なお衰えを知らぬ、名匠ジェームズ・アイヴォリーの華麗なる筆さばきを是非とも堪能したいものですね♪

上映場所と上映期間>>『モーリス4K』公式サイト

ワタノユキ

マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡

-趣味

Copyright© わたしの日常 - 豊かな実りある生活を目指してあがく主婦の日常 , 2018 All Rights Reserved.