子どもがいなくてかわいそう、独身でかわいそう、バツイチでかわいそう。

昨年末、機会があり、学生時代の友人の家へお邪魔しました。

実に20年ぶりぐらいで、家の佇まいや久しぶりにお顔を拝見した友人のお母様など懐かしく思いました。

友人のお母様もそう思ってくださったようで、居間でコーヒーとケーキを囲んで談笑が。

そして、ふいにお母様がわたしの方へ向いて一言。

「お子さんは?」

「残念ながらいないんですよ」

と告げると、お母様の顔が例の表情に。世間によくある「あ、聞いちゃいけなかったかな」「あ、傷つけてしまった」「どうしよう・・・」みたいな困惑した表情に。まぁ、それは慣れておりますので見ないフリをしておきました。

続けておっしゃったセリフ。

「そうなの、かわいそうにね」

と。

その時のわたしの心境としては「?」という感じでしょうか。「わたし、かわいそうな子なのか?」と呆然というか、ある種の衝撃を覚えました。

ちなみにgoo辞書によるとかわいそうとは・・・

同情の気持ちが起こるさま。ふびんに思えるさま。

スポンサーリンク

子どもがいないとかわいそうなのか?

まぁ、周囲からそう思われている可能性は多分にあるだろうと認識をしております。

しかし、我が家はそれほど切実に「子供が欲しい!どうしても子供が欲しい!必要だ!」と思っているわけではありません。

双方の親にもう孫がおりますし、我が家に子どもができなくても問題なし。後は当人の問題ですが、これに関しては「できたらできたでいいし、できなかったらできなかったでいい」と思っております。

不妊治療をすすめてくれるお節介な方々もわりかしいますが、「その時はよろしく~」と答え、内心では拒否します。不妊治療そのものに対して否定しませんが、わたしの選択肢にはないというだけのこと。まぁ、このあたりは個人によって考えが大きく異なってくるでしょう。

ちなみに自分では子供がいない=かわいそう、という発想は一切ありません。

が、他人が思うことは自由。が、心の中で思うだけならまだしも、面と向かってシミジミと「かわいそうね」と言われたのは初めてだったので、妙に衝撃を受けました。

わたしはかわいそうじゃねー!と叫んでその場から逃げ出したくなりました。が、そこは大人ですので、ぐっとこらえ「こればっかりは運ですからねー」とかなんとか返しておきました。

余談として、その時の友人のハラハラした顔が妙に面白かったです。

友人はバツイチ子持ち。

思えばその兆候はありました。

わたしの友人はバツイチ子持ち。生まれて間もない子どもを連れて離婚をしました。そして、実家のご両親に生後1年にもならない子供を預けて仕事へ復帰。元々、彼女はバリバリのキャリアウーマンですので、子育ての環境さえ確保できればいかようにも仕事で稼ぎ出すことができます。

そして彼女のお母様はそんな娘にたいしても「かわいそう、恥ずかしい」という意識があるようで・・・再会して間もないわたしに対してひたすらそのことを訴えてきました。

「あんな男につかまってかわいそう。子どもを連れて離婚してかわいそう。父親のいない孫がかわいそう。そしてそんな娘と孫を抱えた自分がかわいそう」

とひたすら「かわいそう、かわいそう」。

でも、わたしからすると彼女の離婚は素晴らしいことでした。

彼女が「あんな男とさっさと別れて賛成!」と心の底から思っております。当時も今も、そしてこの先も。どうしようもないサイテー男だったわ、マジで。

彼女の経済力、精神力なら物理的な問題さえ解決をすれば子供を一人で育てることができると信じています。離婚した際、「子どもさえいればあんな男はいらんよね」と二人で納得しあったものです。

あれはかわいそう病だね。

お母様と離れた後、「無神経な言葉ごめん」と友人がひたすら謝り倒してくれました(?)。「いや、いいよ~まったく気にしていないから(本当は気にしているけれどwww)」

で、二人でしみじみと話し合い、結論が出ました。

「あれはかわいそう病だね」

と。

全てがかわいそうに変換されるんだね、無意識なんだねーと。

彼女は仕事が忙しく、独身時代が長かったのですが、その独身時代も酷かったそう。

「結婚できない娘がかわいそう。そんな娘を持った自分もかわいそう」と。で、彼女が結婚した時、喜んだのかと思いきや「あんな男に娘がつかまってかわいそう。あんな男を婿にするわたしがかわいそう」とかかんとか。じゃ、離婚を喜べ―という話ですがね。親の立場になるとまた気持ちが異なるんでしょうね。

「もう慣れたけれど、毎日聞かされるわたしってかわいそうだな、と思うわけよ」

と友人が言い出したので、「アウト、あんたもかわいそう病にかかっている!」となんとかんとかやり取りをし、「決してかわいそう病にならない!」と二人で誓いあいました。

それにしても・・・結婚をして子供を産んで夫婦で子供を育てている人を前にしてもお母様はきっと「かわいそう」なことを見つけだしそうですね・・・ありとあらゆることが「かわいそう」なことなんでしょうか。

実際にあった!かわいそう病。

試しにネットで検索をかけてみました。「かわいそう病」と。なんか、意外といそうだよね、この手の「かわいそう、かわいそう」が口癖の人。すべての出来事を不幸として捉える人。

すると「かわいそう病」でなんか1,380,000 件もヒットしましたよー

googleの検索結果:かわいそう病

「あるんだ、こんな病気!」と妙にカタルシスを得ました。いや、まぁ、正式な病ではなく、定義されているだけのようですが。

興味がある方は調べてくださいね。

共通するのは自己憐憫型、自己愛の強いタイプ、悲劇のヒロインタイプ、というところでしょうか。悲劇のヒロイン症候群なる言葉も発見!ちょっとお母様とは異なるようで、重なっているようで、異なっているような・・・

まぁ、いろいろなタイプのかわいそう病があるということで・・・

それにしてもなんでもかんでも「かわいそう、かわいそう」で人生楽しいんだろうか?かわいそうかわいそうと常に考えているお母様のほうがかわいそうよ、と思うわたしなのでした。え、これってわたしもかわいそう病? 違う。笑

あと、んー・・・「かわいそう」という心理はいかんですなーと思うわけですよ。

他人に対してであれ、自分に対してであれ。かわいそうと思う心を作り出すのは自分を見つめようよ、と。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まぁこ より:

    かわいそう病、あるんだ、やっぱり!と思っちゃいました。
    私は高校生くらいのときに、かわいそうという言葉に反発を覚えて以来、
    使わないように、そう思わないように生きてきました。
    何にせよ、人のことをどうこういうのはやめようよ、と思いますよね。

    ちなみにうちの母は愚痴り病なので、この何年もずっと指摘し続けて、
    まぁまぁ治ってきたかな?という感じです。
    愚痴をずーっと聞かされて育ったのって、かなりキツくて、
    自分は子どもたちに愚痴らないと決めてます・・・。

    • ワタノユキ より:

      あるみたいですよ!考えてみると、女性にはこの「かわいそう病」多いかも~と今、しみじみ中。
      わたしもまず使わないですねー使っても本人を前にしては絶対に使わないです。

      愚痴り病・・・笑
      あ、それも女性には多そう。多分、無意識なんでしょうね、もう思考がそういう風にプログラミングされている!みたいな。
      子どもの立場になると大変ですよね・・・友人は諦めと悟りの境地のようです・・・年を重ねるとますますひどくなってきたようで。
      お互いに気を付けましょうね

  2. エクラ より:

    わかります!
    この場合のかわいそう、というニュアンス、私は非常に相手の心に土足で踏み入る失礼な言動だと思っています。
    なので使いません。

    私は子供を一生持たないと決めていた時期がありました、
    その後逆に切望し、不妊治療まで受けましたが、結局不妊治療をやめた途端に自然妊娠したのです。
    その時にいろいろな思いが生まれ、以降、ワタノユキさんが遭遇したような状況になった時、その方の今、をとても尊重する気持ちを持って会話をするように心がけます。

    世の中にはいろいろな考えがあり、それはいいとも悪いとも言えませんが、自分の主観で相手の立場を尊重できない人にだけはなりたくない、と思いますね。

    • ワタノユキ より:

      エクラ様
      本当、この言葉にシミジミと頷かされました。

      >自分の主観で相手の立場を尊重できない人にだけはなりたくない

      でも、意外と自分も含めて相手の立場や考えを否定したり、踏み込んでしまったりしてしまうのが人間なのかな、と思ったりして受け入れるように鋭意努力中。
      とはいえ、そんな出来た人間じゃないなので、こうやって記事にしてストレス発散をしていたりするのですが(;´・ω・)
      特に女性にとって出産や子どもに関係する話題はデリケートですね。
      傷つく方は本当に傷つかれるので、慎重になっている自分がいることに気付かされます。
      本当、世の中、いろいろな生き方があり、そして、それを選択できる時代に生きていることを感謝していきたいと思います。