梅雨の季節、室内干しのお供にバイオ系洗剤「緑の魔女」のススメ。

現在、洗濯洗剤として緑の魔女と過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を平行しています。

日常生活で使うものを決めると心が楽になる、愛用の洗剤は「緑の魔女」。

我が家で使用している洗剤を把握する、そして減らす方向性へ。

洗剤見直しにより、現在の緑の魔女を使いきったら、過炭酸ナトリウム1本でいく予定でした・・・が、梅雨の季節はやっぱり緑の魔女だよね、とシミジミする日を送っております。

そう、雨が続き、洗濯物を外に干せず、室内に干す日が続く・・・すると気になるのは独特の臭い・・・生乾き臭というか中途半端にしか乾かない臭いというか・・・それが緑の魔女をキチンと使うと消えるんだよなーと実感中。

過炭酸ナトリウムが菌をやっつけてくれるなら、緑の魔女は目に見えないバイオによって菌をうまくひょいひょい~と操っているイメージ。

スポンサーリンク

そもそも、何故、臭うのか?

最近は緑の魔女で華麗に乗り越えておりますが、結婚当初は石鹸洗剤で洗っていたので、相当に四苦八苦しました。

で、部屋干しをした洗濯物が匂う原因はこれ。

  • 洗濯で落ちなかった皮脂や汚れが変質し、その汚れをエサに雑菌が繁殖。

つまり、洗濯物に汚れが残っていないと臭わなくなるという仕組み。となると、室内干しをする衣類にいかにして汚れを残さないで洗い上げるか。

そして、いかにして菌が増殖する前に、つまり、早く乾かせるか。

臭わせないためにわたしがしていること。

菌を衣類に残さない。

  • 洗濯物をためない。
  • マメに洗濯槽の掃除。

菌が増殖する前に乾かす。

  • 仕上げ乾燥。
  • すぐに干す。
  • できるだけ間隔をあけて干す。
  • 常に扇風機をあてる。
  • 土砂降りの日は洗濯を諦める。
  • それでも、どうしようもない時は除湿機。

これぐらいでしょうか。

とりあえず、洗濯槽はマメに掃除するに限りますね。洗濯槽をキレイに保てば、保つほど衣類に余計な菌がつきません。過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)でサクッと掃除をしちゃってください。

しとしと雨の時はちゃっちゃっと洗濯をやってしまい、軽く乾燥機にかけ、間隔をあけて、扇風機をガンガンにあてて菌が増殖しないことをひたすら祈ります。扇風機で間にあわないときは除湿機。

究極的には洗濯した→アイロンがけですが、これは結婚をしてから1度しかやったことがありませんw面倒くさいので。

後、洗濯の際には風呂の残り湯を使わない方がいいようなんですが、ケチ精神ゆえについつい使っています・・・どうしても気になる方はそれも避けた方がいいかもしれませんね!

それでも臭ってしまった。

そんな時は過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)が強い味方になります。

熱湯に過炭酸ナトリウムを溶かし、そのまま臭ってしまった洗濯物を付け込んでおきましょう。それにより、衣類は殺菌されさっぱりとします。その後はそのままもう一度洗濯機にかけて干せば匂いも気になら無くなるはず。

梅雨の季節、バイオ系洗剤は強い。

本当にそのことを実感します。

過炭酸ナトリウムもそこそこいい仕事をしますが、個人的にはそれ以上にバイオ系洗剤である緑の魔女に軍配をあげます。バイオ系はキチンと使えば、菌に強力な威力を発揮してくれますよ!

ズボラ主婦の味方「バイオ お風呂のカビキレイ」交換、毎年6月はバイオの季節。

現在、わたしは緑の魔女を使っております。

が、洗濯洗剤は粉末じゃないと!という方にはJOEもオススメ。

こちらもカビやら菌には威力を発揮してくれます。緑の魔女と並ぶほどお気に入りの洗濯洗剤です。部屋干しをしても匂いが全く気にならないですよ。

更にJOEは洗濯以外、掃除などにも使えるのがポイント高いですね。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加