アラフォー独身女性の恋バナ、聞いていると微妙な気持ちに。

イメージ画像

アラフォーの友人からメールが。

はっきりとしないのですが、どうやら新しい恋バナがあるようで。

バツイチの彼女は堅実な仕事を持ち、容姿も非常に華やか。若かりし頃からそりゃもう華やかな恋愛遍歴を繰り広げ、わたしなんぞでは太刀打ちできない彼氏コレクション。40を目前にして今なお、艶やかな恋バナが繰り広げられます。

ええ、確かに彼女の艶やかな恋バナを楽しんだ時期をありました。

でも、共に37を超えたあたりから恋バナになんだか微妙な気持ちに襲われるように。

「結婚しても友人の話にはキチンと向き合わないといけないよね!ライフスタイルの違いを乗り越えてこそ真の友情だよね」

「わたしは結婚して恋愛戦線から脱落して、今なお自由に恋愛ができる彼女を羨ましく思っているのかな?」

となんだか自分が悪いように捉えていました。

そうだ、今までと同じように恋バナをしないといけない。

そう、独身時代のわたしと同じように。彼女の話に笑って、怒って、共感して、忠告しないといけない、となんだか妙なプレッシャーに襲われるように。

そして、次第に気づきました。

「恋バナを楽しむ時期をわたしはもう失ったのだ」と。

既婚の身となったわたしに恋バナはもはや遠い世界の出来事のようになってしまったのだ。

スポンサーリンク

恋バナを聞いていると。

正直に書くと、恋バナを聞いていると白けてくるようになりました。

昔のように恋バナを夢中になって聞けない、また、楽しんで聞けない、というだけではなく、白ける、疲れる、どうでもいい、興味がない、無関心という感覚に支配されてしまっているわたしがいます。

でも、そんな感情、相手に出すわけにはいかない。

当たり前ですが、話を聞いている間は表情と身振りを作っています。「え、それでどうなったのー?」「いいなぁ、羨ましい」「ドキドキやねー」などなど。

でも、内心、「この年で恋愛なんて面倒くさい」と思ってしまっています。

結婚をしたからかもしれませんが、わたしは今から恋愛をする、と考えただけでウンザリします。「そんなトキメキ、もう要らない!」と。

だからなのかもしれませんが、恋バナを仕掛けてくる友人に対して「可愛そうに・・・面倒くさいことをしているのね」と思ってしまっています。。。

ああ、なんて嫌な女なんだろう!と自覚しながら、アラフォーにして恋バナをする身である彼女に対して哀れみや同情という感情があふれ、胸の中で渦巻いている感じ。

本当に嫌な女。

一方で憧れもある。

その一方で独身で気軽な彼女の身分に羨ましさを覚えます。

嫁姑問題や子供の有無などに悩まない彼女に対して羨ましく感じます。血の繋がった家族のいない彼女は年末年始は一人で過ごすのでしょうか?孤独を愛する身としてはそれすらも羨ましい。

そして、仕事をバリバリとやり、あふれるようにこぼれる仕事の愚痴すら羨ましく感じます。

自立したキャリアウーマンであり、「恋をするけれども結婚はしないかも」みたいなスタンスを貫いている彼女の強さが眩しく、そして、羨ましい。

ああ、女の道はいつどこですれ違ってきたのだろうか?

そのすれ違いの象徴が「恋バナに対するジレンマ」なんだと思う。

かっては同じ立場だった。

イメージ画像

若い頃の恋バナはトキメキとわくわく、そして、嫉妬、怒り、失望、悲しみなどが微妙に入り混じり、とっても楽しい時間だったように思います。

男をこき下ろす瞬間にも若い女ゆえの驕りがあったもの、共に。同じ立場で同じものをおなじ感覚で見ることができました。

でも、今は違う。

「恋を卒業した」というか「リタイアした」わたしと今なお現役バリバリの彼女との間には見えない垣根が出来たのだろう、と。

そして、わたしが彼女の恋バナに白けているように彼女もわたしの家庭の愚痴に白けているのだろう、と思います。

でも、次、会った時、お互いに笑顔でさも興味があるといわんばかりに相手の話に耳を傾け、頷きを繰り返すのでしょう。今までと同じように。そして、わたしはこれからも同じことを続けます。

それが女の友情だから。

それが女の友情だと思っているから。

ああ、つくづく女のライフスタイルの違いは大変だわ・・・!

〔参考〕女友達との付き合い、ライフスタイルの変遷をどう乗り越えるか。

The following two tabs change content below.

ワタノユキ

奈良在住のアラフォー主婦。
マイペースに生きる主婦 & 在宅ワークの日々(since20141003)。理想と現実の狭間を永遠に彷徨い中。 詳細なプロフィールはこちらにて。 わたしらしく年齢を重ねる 大人の塗り絵ライフ もよろしく♡
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加